談話

東エルサレムにおけるパレスチナ人少年の誘拐殺人について(外務大臣談話)

平成26年7月3日

英語版 (English)

1 我が国は,東エルサレムにてパレスチナ人少年が誘拐され,遺体で発見されたことについて,御遺族に対し哀悼の意を表するとともに,本件誘拐殺人を強く非難します。そして,犯人が早期に法の裁きを受けることを求めます。

2 我が国は,先般のイスラエル青少年3名の誘拐殺人,その後の西岸における暴力行為,特にパレスチナ人犠牲者の発生,そして今般の事件という一連の事態に遺憾の念を表明し,情勢の緊迫化を懸念します。

3 我が国は,全ての関係者に対し,状況が更に悪化しないよう,最大限の自制を求めます。

【参考】
 7月2日早朝,16歳のアラブ人少年の遺体が西エルサレムの森中で発見された。同月1日深夜~2日未明に東エルサレムで誘拐された模様。イスラエル警察はユダヤ人による(青少年3名の誘拐殺人事案への)報復攻撃の可能性もあるとして,捜査中。


このページのトップへ戻る
談話へ戻る