外務大臣談話

「来訪神:仮面・仮装の神々」のユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載決定について
(外務大臣談話)

平成30年11月29日

英語版 (English)

  1.  本29日(現地時間同日),モーリシャスのポートルイスにおいて開催されているユネスコ無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会において,「来訪神(らいほうしん):仮面・仮装の神々」が同条約の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表(代表一覧表)」に正式に登録されたことを,大変喜ばしく思います。これまで「来訪神:仮面・仮装の神々」の継承と振興に取り組んでこられた関係者の皆様に,心からの敬意を表し,お祝い申し上げます。
  2.  この「来訪神:仮面・仮装の神々」の10の祭礼行事は,日本各地の地域社会において,人々が一年の安泰や幸福を願って伝承してきた文化であり,「来訪神:仮面・仮装の神々」の登録を機に,日本の各地方の魅力が改めて注目されることを期待し,こうした魅力を世界に向けてしっかりと発信してまいります。

このページのトップへ戻る
外務大臣談話へ戻る