アメリカ合衆国

在米日系人リーダー招へい一行の安倍総理大臣表敬

平成28年3月9日

 本9日,安倍晋三内閣総理大臣は,外務省の在米日系人リーダー招へいプログラムにより我が国を訪問中のアイリーン・ヒラノ・イノウエ米日カウンシル会長(Ms. Irene Hirano Inouye President, U.S.-Japan Council)及び在米日系人リーダー一行10名の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理大臣から,在米日系人を代表する方々の訪日を歓迎した上で,在米日系人の方々は日米関係にとって大きな宝であり,皆様が様々な分野で活躍し,架け橋となって日米の絆の更なる強化に貢献されていることに敬意を表したい旨述べました。また,故ダニエル・イノウエ上院議員の強い思いを受け継ぎ,ヒラノ会長が,在米日系人と日本との関係強化のために尽力されていることに厚く感謝申し上げる旨述べ,帰国後も引き続き,日米関係の力強い応援団として活躍されることを期待している旨述べました。

2 これに対し,ヒラノ会長から,今回のプログラムは16年目を迎え,同プログラム参加者も計176名となった,昨年の米日カウンシル総会への安倍総理大臣のご出席を深く感謝する,トモダチ・イニシアティブ等を通じて東日本大震災の復興に貢献してきたが,東北地方の復興には引き続き貢献したい旨述べました。 また,在米日系人側から,今回の訪日の目的は日米友好関係の増進であり,米国に帰国してからも日米の架け橋となって日米関係の強化に貢献したい旨発言がありました。

3 安倍総理大臣から,東日本大震災からまもなく5年目を迎えるが,米国によるトモダチ作戦の根底には米国での日系人の方々のご活躍がある旨述べました。


このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る