イラン・イスラム共和国

日・イラン外相会談

令和元年6月12日

  • 日・イラン外相会談1
  • 日・イラン外相会談2
  • 日・イラン外相会談3

 本12日(水曜日)午後1時(現地時間,日本時間午後5時半)から約90分間イランを訪問中の河野太郎外務大臣は,モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ・イラン・イスラム共和国外務大臣(H.E. Dr. Mohammad Javad Zarif, Minister of Foreign Affairs of the Islamic Republic of Iran)との間で,昼食を挟みつつ会談を行ったところ,概要以下のとおりです。

  • 画像2
  • 画像2

1 河野大臣から,現下の中東地域の緊張の高まりを踏まえ,その緩和に向け,イランが核合意を引き続き遵守するよう働きかけました。

2 ザリーフ外相から,イランは核合意を引き続き遵守していることに言及しつつ,核合意及び地域の問題に関するイランの立場を述べました。

3 両外相は,本年が両国間の外交関係樹立90周年であることに言及しつつ,両国・両国民間の伝統的友好関係を評価しました。


このページのトップへ戻る
イラン・イスラム共和国へ戻る