エクアドル共和国

日・エクアドル外交関係樹立100周年(2018年)
事業認定の申請

平成29年12月13日

 外務省では,下記の要領で「日エクアドル外交関係樹立100周年(2018年)」にふさわしい事業を幅広く募集し,「日エクアドル外交関係樹立100周年」事業として認定します。認定された事業は,各事業の広報媒体(ポスター,パンフレット,ウェブサイト,看板,垂れ幕等)に,「日エクアドル外交関係樹立100周年」の名称及びロゴを使用することができます。事業認定基準等は,以下のとおりです。
 事業認定基準,認定事業の特典,申請・認定の流れ,注意事項及び申請書類の送付先問合せ先は以下のとおりです。多くの方々からの申請をお待ちしております。

1 事業認定基準

 申請がなされた事業のうち,以下の条件を満たすものについて事業の認定を行う。

  • (1)原則として,2018年1月1日から同年12月31日までの期間,日本において実施される事業であること。
  • (2)事業の内容が,日・エクアドル間の経済,社会,芸術,文化,学術,スポーツ,観光等の幅広い分野における交流の促進,相互理解の増進,友好関係の強化に資すると判断されるもの。企業による社会貢献関連事業の実施やその紹介を含む。
  • (3)開催地である日本の法令を遵守し,他者の権利(著作権を含む。)を侵害しないこと。
  • (4)特定の主義・主張,宗教の普及を目的とせず,公共の秩序,善良な風俗を害さないもの。
  • (5)事業実施にかかる経費については,主催者側が一切の責任を負うこと。
  • (6)営利を主たる目的としないこと。

2 認定事業の特典

  • (1)認定された事業は,該当事業の広報媒体(ポスター,パンフレット,ウェブサイト,看板,垂れ幕等)に「日エクアドル外交関係樹立100周年」であることを明記し,また,本件周年事業のロゴを使用することができます。
  • (2)認定された事業は,日エクアドル外交関係樹立100周年事業一覧表に掲載されます(外務省ホームページ・SNS等において公表されます)。

3 申請・認定の流れ

  • (1)事業認定を希望する団体は,以下の必要書類を事業実施の1か月前までに外務省に提出ください。
    • 事業認定申請書,誓約書及び希望される場合にはロゴマーク誓約書(申請書:WordPDF別ウィンドウで開く)(誓約書:WordPDF別ウィンドウで開く)(ロゴマーク誓約書:WordPDF別ウィンドウで開く
    • 事業収支予算書(Excel
    • 事業概要(申請者自ら作成し,詳細に記述ください。)
    • 事業実施団体の概要(申請者作成の概要ペーパー,パンフレット,定款等)
  • (2)申請書を受理した外務省は,認定基準に従い事業の審査を行います。
  • (3)外務省は,審査結果を申請者に書面で通知し,認定が行われた場合には希望に基づきロゴの電子データを申請者に送付するとともに,外務省ホームページの日エクアドル外交関係樹立100周年事業一覧表に事業概要を掲載します。

4 注意事項

  • (1)御提出いただいた書類は返送致しません。(必要な場合は予めコピーを御用意ください。)
  • (2)審査の経緯等についてのお問合せにはお答えできませんので,御了承ください。
  • (3)事業が中止となった場合や事業内容が認定条件に合致しないと後に判断される場合には,認定を取り消すこともあります。

5 申請書類の送付先・問合せ先

日本で実施される事業の申請先

〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
外務省中南米局南米課
電話:03-5501-8286
Email:japanecuador100@mofa.go.jp

6 事業実施後の報告

 認定され,実施された事業について,事業主催者(申請団体)は,誓約書に基づき,事業終了後,速やかに在エクアドル日本国大使館に対し,以下の書類による事業実施報告を提出して下さい。

  • 事業実施報告書(Word
  • 事業収支報告書(Excel

関連リンク


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
エクアドル共和国へ戻る