安倍総理大臣

日・フィリピン電話首脳会談

平成25年11月22日

 本22日午後2時から約10分間,安倍晋三内閣総理大臣は,ベニグノ・アキノ3世フィリピン共和国大統領(H.E. Mr. Benigno S. Aquino III, President of the Republic of the Philippines)との間で電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,安倍総理から,今回の台風がフィリピンにもたらした甚大な被害に対するお見舞い及び犠牲になられた方々に対するお悔やみを述べるとともに,日本政府と国民は,常に貴国政府と国民と共にあると述べ,フィリピン政府・国民に対する連帯の意を表しました。また,これまでの我が国による支援を紹介しつつ,特別なパートナーであるフィリピンがこの困難を乗り越えるに当たって可能な限りの支援を行いたいと述べました。

2 これに対し,アキノ大統領から,この困難を乗り越えるに当たっての希望の光は国際社会から示された連帯であり,特に,日本からの支援は大規模かつ迅速であり感謝しているとして,謝意の表明がなされました。

3 安倍総理からは,支援関係者の安全確保や支援の円滑な受入れ,邦人の安否確認等に関するフィリピン政府の協力を要請し,アキノ大統領から,全面的に協力する旨述べました。そして,両首脳は,今後も,台風被害への対応にあたり連携していくことで一致しました。また,アキノ大統領から,12月の日・ASEAN特別首脳会議の際の訪日を楽しみにしている旨述べました。

(参考)これまでの我が国による支援
 国際緊急援助隊の医療チーム及び自衛隊部隊による支援のほか,資金や物資面での支援として,(1)3000万ドルの緊急無償資金協力(緊急シェルター,食料,水・衛生分野等),(2)アジア開発銀行(ADB)貧困削減日本基金による2000万ドルの緊急支援,(3)6000万円相当の緊急援助物資供与(シート,マット等)等,合計約5200万ドル規模の支援を決定し,実施中。また,本22日に,ASEAN+3の枠組み(APTERR)で50万ドル相当のコメの現物支援も決定。


このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る