アフリカ開発会議(TICAD)

GPE, UNICEF,AU共催TICAD7サイドイベント
「就学前教育:人的資本の開発と世界の富の増加の基盤」における
山田賢司外務大臣政務官挨拶

令和元年8月28日

  • GPE, UNICEF,AU共催TICAD7サイドイベント「就学前教育:人的資本の開発と世界の富の増加の基盤」における山田賢司外務大臣政務官挨拶1
  • GPE, UNICEF,AU共催TICAD7サイドイベント「就学前教育:人的資本の開発と世界の富の増加の基盤」における山田賢司外務大臣政務官挨拶2

1 8月28日,TICAD7のサイドイベントとしてアフリカ連合(AU),教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE),国連児童基金(UNICEF)の共催による「就学前教育:人的資本の開発と世界の富の増加の基盤」が開催されました。

2 本サイドイベントの冒頭,外務省を代表し,山田賢司外務大臣政務官が挨拶を行いました。アフリカの人々一人ひとりの能力強化を図り,能動的な社会づくり,国づくりへの参画を促すことは,アフリカの自立した成長を力強く後押しする旨述べた上で,とりわけ就学前教育の重要性及び効果を強調しました。また,日本が行っている国際協力の分野での取組について紹介しました。

3 本イベントでは,アグネス・チャン・ユニセフ・アジア親善大使が司会を務め,リネット・オケンゴ・アフリカ乳幼児期ネットワーク(AfECN)事務局長がアフリカ大陸における就学前教育の役割と現状について基調講演を行いました。その後,スリニュ・ンバイ・チャム教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE)副議長,マシュー・オポク・プレペ・ガーナ教育大臣,ヘンリエッタ・フォアUNICEF事務局長,アネット・ディクソン世銀グループ人間開発担当副総裁などが参加し,就学前教育への投資を促すための戦略とアプローチについて活発な意見交換が行われました。


このページのトップへ戻る
アフリカ開発会議(TICAD)へ戻る