国際保健全般

令和5年9月21日
UHCハイレベル会合の様子 UHCハイレベル会合に出席する岸田総理 (写真提供:内閣広報室)
UHCハイレベル会合でスピーチする岸田総理大臣 UHCハイレベル会合に出席する岸田総理 (写真提供:内閣広報室)

 現地時間9月21日午前11時10分(日本時間22日午前0時10分)から、国連総会出席のため米国・ニューヨークを訪問中の岸田文雄内閣総理大臣は、国連総会ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)ハイレベル会合に出席しました。本会合には、岸田総理大臣のほか、デニス・フランシス国連総会議長、アミナ・モハメド国連副事務総長、テドロス・アダノムWHO事務局長、アクセル・ヴァン・トロッツェンバーグ世界銀行専務理事等が参加しました。

  1. 岸田総理大臣は、ステートメントの中で、新型コロナから得た教訓を忘れる前に、国際社会は、改めてUHCの達成という目標を思い起こし行動するべき旨述べ、G7広島サミットでも、保健システム強化を通じた、より強靱、より公平、より持続可能なUHC達成への貢献にコミットしたこと等を述べました。
  2. また岸田総理大臣は、UHCを支える上で不可欠な世界的な健康危機に対応する体制の構築・強化、インパクト投資を通じた民間投資の拡大、感染症危機対応医薬品等(MCM)への公平なアクセスの確保の重要性等について述べました。
  3. さらに岸田総理大臣は、日本として2030年までに途上国を含む世界全体がUHCを達成できるよう、国際社会の取組をさらにリードしていく決意を表明し、世界のリーダーが協力してUHCを達成する決意を示すことの重要性について強調しました。
  4. 本会合では政治宣言が承認されました。政治宣言では、2019年の政治宣言を踏まえ、2030年までにUHCを達成するための取組を加速させ、全ての人々にとって健康的な世界を実現するために、プライマリー・ヘルス・ケア(PHC)の推進、感染症及びメンタルヘルス症状を含む非感染性疾患対策、保健サービスへのアクセスの改善等の重要性が指摘され、政治レベルの強いコミットメントが示されました。
(参考1)ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)

 すべての人が、効果的で良質な保健医療サービスを、負担可能な費用で受けられること。

(参考2)別添PDF

 岸田総理大臣スピーチ(和文(PDF)別ウィンドウで開く英文仮訳(PDF)別ウィンドウで開く


国際保健全般へ戻る