国際保健全般

令和3年6月30日
  1. 我が国は、東京オリンピック・パラリンピックの開催国である本年、栄養不良の解決に向けた国際的取組を推進するために、12月7日(火曜日)及び8日(水曜日)の日程で東京栄養サミット2021を開催します。開催形式は、今後、国際的な新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえて決定いたします。
  2. 東京栄養サミット2021では、新型コロナウイルス感染症による世界的な栄養不良の悪化、及び疾病の予防・治療における栄養の重要性の指摘を踏まえ、栄養に関連する多様な分野について、幅広い関係者とともに課題解決に向けた取組を議論します。
  3. 東京栄養サミット2021では、各国政府・国際機関・民間企業・市民社会などが、今後の栄養課題の解決に向けた取組について発表するとともに、(1)栄養のユニバーサル・ヘルス・カバレッジへの統合、(2)健康的で持続可能な食料システムの構築、(3)脆弱な状況下における栄養不良対策、(4)データに基づく説明責任、(5)栄養改善のための資金確保、の5つのテーマについて議論します。
  4. 我が国は、東京栄養サミットを通じて、栄養改善に向けた世界の関係者の取組を促し、SDGsの達成に貢献していきます。

国際保健全般へ戻る