JAPAN SDGs Action PlatformJAPAN SDGs Action Platform

このプラットフォームは,社会に広がるSDGsに関連した取組を幅広く紹介することを目的に運営しています

SDGグローバル指標(SDG Indicators)

4: 質の高い教育をみんなに

4: 質の高い教育をみんなに

すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

Goal 4 Ensure inclusive and equitable quality education and promote lifelong learning opportunities for all

ターゲット Target

4.1
2030年までに、全ての子供が男女の区別なく、適切かつ効果的な学習成果をもたらす、無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。
By 2030, ensure that all girls and boys complete free, equitable and quality primary and secondary education leading to relevant and effective learning outcomes

グローバル指標 Global Indicator

4.1.1
(i)読解力、(ii)算数について、最低限の習熟度に達している次の子供や若者の割合(性別ごと)
(a)2~3学年時、(b)小学校修了時、(c)中学校修了時
Proportion of children and young people: (a) in grades 2/3; (b) at the end of primary; and (c) at the end of lower secondary achieving at least a minimum proficiency level in (i) reading and (ii) mathematics, by sex
 
(ii) 算数
(a) 小学校4年生
(ii) mathematics
(a) in 4th grade
定義*
Definition
小学校4年生及び中学校2年生において、算数・数学について、最低限の習熟度に達している子供又は若者の割合。
It is defined as the percentage of children and young people who have achieved a minimum proficiency level in mathematics in 4th and 8th grade.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
% 99 99
注釈
Note

○(ii)算数のみ。(i)読解力はデータが存在しない。
○性別ごと(全学年(a)~(c))のデータも存在しない。
○(b)の教育段階に関するデータも存在しない。
・(ii) mathematics only. No data on (i) reading comprehension. ・Data by sex, data covering all educational levels from (a) to (c), data on (b) are not also available.

 
(ii) 算数
(c) 中学校2年生
(ii) mathematics
(c) in 8th grade
定義*
Definition
小学校4年生及び中学校2年生において、算数・数学について、最低限の習熟度に達している子供又は若者の割合。
It is defined as the percentage of children and young people who have achieved a minimum proficiency level in mathematics in 4th and 8th grade.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
% 97 98
注釈
Note

○(ii)算数のみ。(i)読解力はデータが存在しない。
○性別ごと(全学年(a)~(c))のデータも存在しない。
○(b)の教育段階に関するデータも存在しない。
・(ii) mathematics only. No data on (i) reading comprehension. ・Data by sex, data covering all educational levels from (a) to (c), data on (b) are not also available.

4.2
2030年までに、全ての子供が男女の区別なく、質の高い乳幼児の発達・ケア及び就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
By 2030, ensure that all girls and boys have access to quality early childhood development, care and pre-primary education so that they are ready for primary education

グローバル指標 Global Indicator

4.2.1
健康、学習及び心理社会的な幸福について、順調に発育している5歳未満の子供の割合(性別ごと)
Proportion of children under 5 years of age who are developmentally on track in health, learning and psychosocial well-being, by sex

現在、提供できるデータはありません
Not available

4.2.2
(小学校に入学する年齢より1年前の時点で)体系的な学習に参加している者の割合(性別ごと)
Participation rate in organized learning (one year before the official primary entry age), by sex
定義*
Definition
体系的な学習プログラムに参加している、初等教育への理論的な入学年齢よりも1歳若い年齢の子供の割合として定義される。日本においては、5歳児人口における幼稚園(特別支援学校幼稚部含む、以下同じ)、保育所、幼保連携型認定こども園に在籍している者の割合と定義される。
It is defined as the percentage of children aged one year younger than the theoretical entry age to primary education who take part in organized learning programmes. In Japan, it is defined as the percentage of 5-year-old children enrolled in Kindergarten (including Schools for special needs education, kindergarten department), Day care centres and Integrated centres for early childhood education and care.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
% 99 97 95 97 96 98 96
注釈
Note

○幼稚園、保育所、幼保連携型認定こども園に在籍している5歳児の割合(男女計)
○データソースである各調査は調査時点が異なる。学校基本調査の調査時点が例年5月1日時点(年齢は4月1日時点)である一方、社会福祉施設等調査は例年10月1日現在調査(年齢は9月30日時点)である。これらの調査結果を合算し、人口推計(例年10月1日時点(年齢は10月1日時点))の調査結果で除している点に留意する必要がある。
○なお、社会福祉施設等調査では、回収率が100%ではないため、調査結果における保育所の在籍者数は、全国の全ての在籍者数とはなっていないという点に留意する必要がある。また、男女別データを集計していないため、本指標において男女別の就学率を算出することはできない。
・The percentage of 5-year-old children enrolled in Kindergartens ,
Day care centres and Integrated centres for early childhood education and care.
・The survey periods for each of the surveys serving as a data base are different. While the survey time each year of the School Basic Survey is May 1 (age at April 1), the survey time each year for the Survey of Social Welfare Institutions is October 1 (age at September 30). It should be noted that these survey results are totaled and divided by the survey results of the population estimates (October 1 each year [age at October 1]).
・Since the collection rates of the Survey of Social Welfare Institutions is not 100%, it should be noted that the number of children enrolled in Day care centres in the data does not represent total number in the whole country. In addition, the data is not tabulated by gender, the enrollment rate by gender cannot be calculated.

4.3
2030年までに、全ての人々が男女の区別なく、手の届く質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
By 2030, ensure equal access for all women and men to affordable and quality technical, vocational and tertiary education, including university

グローバル指標 Global Indicator

4.3.1
過去12か月に学校教育や学校教育以外の教育に参加している若者又は成人の割合(性別ごと)
Participation rate of youth and adults in formal and non-formal education and training in the previous 12 months, by sex
定義*
Definition
一定期間中に、特定の年齢層が学校教育や学校教育以外の教育に参加した割合として定義される。日本においては、経済協力開発機構(OECD)が2011年度に実施した国際成人力調査(PIAAC)に基づき、この調査の参加者のうち、過去12か月の間に学校教育や学校教育外の教育に参加していると回答した成人(25~65歳)の割合と定義される。
It is defined as the percentage of a specific age group who have participated in formal and non-formal education during a specific period of time. In Japan, it is defined as the percentage of adults (25 to 65 years old) who responded that they had participated in formal or non-formal education within the previous 12 months among the participants in the survey, based on the Programme for the International Assessment of Adult Competencies (PIAAC) survey, which was conducted by the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD) in fiscal 2011.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
男、25-65歳
Male, 25 to 65 years old
% 48
女、25-65歳
Female, 25 to 65 years old
% 35
注釈
Note

○OECDは、PIAACにおける学校教育や学校教育以外の教育の参加率に関連する分析を行う際、初回の学校教育期間中である可能性が高い16~24の年齢層を除いており、当該指標についても同様の取扱いとする。
○対象者が約5,000人であり、全数調査ではないことに留意する必要がある。
○次回のPIAACは2021年度(結果公表は2023年度の予定)であり、本指標はこの間更新することができない。
・When analyzing the participation rate in formal or non-formal education in the PIAAC survey, the OECD excludes the 16-24 age cohort since it is likely that such persons will still be in their initial period of school education; the same sampling handling was used for this indicator.
○It should be noted that the target samples numbered some 5,000 persons, and not the entire number selected as survey targets.
○The next PIAAC survey will be conducted in fiscal 2021 (results scheduled to be announced in fiscal 2023); the indicator cannot be updated during this time.

4.4
2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
By 2030, substantially increase the number of youth and adults who have relevant skills, including technical and vocational skills, for employment, decent jobs and entrepreneurship

グローバル指標 Global Indicator

4.4.1
ICTスキルを有する若者や成人の割合(スキルのタイプ別)
Proportion of youth and adults with information and communications technology (ICT) skills, by type of skill
定義*
Definition
12歳以上の調査対象者に占めるICTスキル別の割合
Ratio according to the ICT skill among subjects of survey people 12 years or older.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
ファイルのコピーや、文字や図表のコピー・貼り付けができる(ファイルのコピーや、文字や図表のコピー・貼り付けを含む)
Using copy and paste tools to duplicate or move information within a document (Including using copy and paste tools to duplicate or move information within a document)
% 79.5
写真や文書を添付して電子メールを送ることができる
Sending e-mails with attached files (e.g. document, picture, video)
% 90.0
エクセル、Open Office等の表計算ソフトを使用して足し算や引き算等の簡単な計算をすることができる
Using basic arithmetic formulas in a spreadsheet
% 64.6
パワーポイント、Keynote等のプレゼンテーションソフトを使用して資料を作成することができる
Creating electronic presentations with presentation software (including images, sound, video or charts)
% 38.2
パソコンにプリンタやカメラ等の機器を接続することができる
Connecting and installing new devices (e.g. a modem, camera, printer)
% 65.8
インターネットを利用してソフトウェアのダウンロードやインストールをすることができる
Finding, downloading, installing and configuring software
% 67.1
パソコンと他の機器(スマートフォン、タブレット等)との間でデータのやり取りをすることができる
Transferring files between a computer and other devices
% 50.7
プログラミング言語を使用してコンピュータプログラムを作成できる
Writing a computer program using a specialized programming language
% 6.5
4.5
2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民及び脆弱な立場にある子供など、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
By 2030, eliminate gender disparities in education and ensure equal access to all levels of education and vocational training for the vulnerable, including persons with disabilities, indigenous peoples and children in vulnerable situations

グローバル指標 Global Indicator

4.5.1
詳細集計可能な、本リストに記載された全ての教育指数のための、パリティ指数(女性/男性、地方/都市、富の五分位数の底/トップ、またその他に、障害状況、先住民、紛争の影響を受けた者等の利用可能なデータ)
Parity indices (female/male, rural/urban, bottom/top wealth quintile and others such as disability status, indigenous peoples and conflict-affected, as data become available) for all education indicators on this list that can be disaggregated
 
指標4.3.1に関するパリティ指数(女性/男性)
Parity index on underlying indicator 4.3.1 (female/male)
定義*
Definition
基礎指標について、あるグループの値に対する異なるグループの値の比として定義される。日本においては4.3.1を基礎指標とし、当該指標における男性の参加率に対する女性の参加率の比として定義される。
It is defined as the ratio of the value of the underlying indicator for one group to that of another. In Japan, underlying indicator is 4.3.1 and it is defined as the ratio of participation rate of female to male.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
指数
index
0.7
注釈
Note

基礎指標である指標(4.3.1)と同様である。
They are the same as those of underlying indicator 4.3.1.

4.6
2030年までに、全ての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする。
By 2030, ensure that all youth and a substantial proportion of adults, both men and women, achieve literacy and numeracy

グローバル指標 Global Indicator

4.6.1
実用的な(a)読み書き能力、(b)基本的計算能力において、少なくとも決まったレベルを達成した所定の年齢層の人口割合(性別ごと)
Proportion of population in a given age group achieving at least a fixed level of proficiency in functional (a) literacy and (b) numeracy skills, by sex
4.6.1-(a)
(a)読解力
(a) literacy
定義*
Definition
特定の年齢層において(a)読み書き能力、(b)基本的計算能力が一定の習熟度を超えた割合として定義される。日本においては、経済協力開発機構(OECD)が2011年度に実施した国際成人力調査(PIAAC)に基づき、この調査の参加者のうち、(a)読解力、又は(b)数的思考力の習熟度レベル1以上の16~65歳の割合として定義される。
It is defined as the proportion of people in a specific age group who have achieved or exceeded a given level of proficiency in (a) literacy and (b) numeracy skills. In Japan, it is defined as the percentage of persons aged 16 to 65 who achieved a proficiency level of 1 or above for (a) literacy and (b) numeracy among the participants in the survey, based on the Programme for the International Assessment of Adult Competencies (PIAAC) survey, which was conducted by the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD) in fiscal 2011.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
PIAACの参加者のうち、読解力の習熟度がレベル1以上の16~65歳の男性の割合
Percentage of male aged 16 to 65 who achieved a proficiency level of 1 or above for literacy in PIAAC
% 99
PIAACの参加者のうち、読解力の習熟度がレベル1以上の16~65歳の女性の割合
Percentage of female aged 16 to 65 who achieved a proficiency level of 1 or above for literacy in PIAAC
% 99
注釈
Note

○国連は、「読み書き能力及び基本的計算能力における若者と成人の習熟度を測定するには、何らかの直接的な評価が必要となる。世帯調査を使用して学習を測定することは、費用がかかり、管理が難しく、日常生活にとって重要な分野での学習を過小評価するかもしれないが、標準化されたアプローチでは評価するのが難しい。結果は、特に様々な背景のあるスキルを適用することに関して、青少年が知っていること及びできることを正確に表現できない場合がある。」との見解を示している。
○PIAACでは、書く能力を調査していないことに留意する必要がある。
○対象者が約5,000人であり、全数調査ではないことに留意する必要がある。
○次回のPIAACは2021年度(結果公表は2023年度の予定)であり、本指標はこの間更新することができない。
・The UN shows its views “The measurement of youth and adult proficiencies in literacy and numeracy requires some form of direct assessment. Using household surveys to measure learning can be costly and difficult to administer and may underestimate learning in areas that are critical to daily life but are harder to assess in standardized approaches. The result may be inaccurate representations of what youth and adults know and can do, especially in relation to applying skills that may vary across contexts”.
・It should be noted that writing proficiency is not surveyed in the PIAAC.
・It should also be noted that the target samples numbered some 5,000 persons, and not the entire number selected as survey targets.
・The next PIAAC survey will be conducted in fiscal 2021 (results scheduled to be announced in fiscal 2023); the indicator cannot be updated during this time.

4.6.1-(b)
(b)数的思考力
(b) numeracy
定義*
Definition
特定の年齢層において(a)読み書き能力、(b)基本的計算能力が一定の習熟度を超えた割合として定義される。日本においては、経済協力開発機構(OECD)が2011年度に実施した国際成人力調査(PIAAC)に基づき、この調査の参加者のうち、(a)読解力、又は(b)数的思考力の習熟度レベル1以上の16~65歳の割合として定義される。
It is defined as the proportion of people in a specific age group who have achieved or exceeded a given level of proficiency in (a) literacy and (b) numeracy skills. In Japan, it is defined as the percentage of persons aged 16 to 65 who achieved a proficiency level of 1 or above for (a) literacy and (b) numeracy among the participants in the survey, based on the Programme for the International Assessment of Adult Competencies (PIAAC) survey, which was conducted by the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD) in fiscal 2011.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
PIAACの参加者のうち、数的思考力の習熟度がレベル1以上の16~65歳の男性の割合
Percentage of male aged 16 to 65 who achieved a proficiency level of 1 or above for numeracy in PIAAC
% 99
PIAACの参加者のうち、数的思考力の習熟度がレベル1以上の16~65歳の女性の割合
Percentage of female aged 16 to 65 who achieved a proficiency level of 1 or above for numeracy in PIAAC
% 99
4.7
2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。
By 2030, ensure that all learners acquire the knowledge and skills needed to promote sustainable development, including, among others, through education for sustainable development and sustainable lifestyles, human rights, gender equality, promotion of a culture of peace and non-violence, global citizenship and appreciation of cultural diversity and of culture’s contribution to sustainable development

グローバル指標 Global Indicator

4.7.1
ジェンダー平等および人権を含む、(i)地球市民教育、及び(ii)持続可能な開発のための教育が、(a)各国の教育政策、(b) カリキュラム、(c) 教師の教育、及び(d)児童・生徒・学生の達成度評価に関して、全ての教育段階において主流化されているレベル
Extent to which (i) global citizenship education and (ii) education for sustainable development, including gender equality and human rights, are mainstreamed at all levels in: (a) national education policies, (b) curricula, (c) teacher education and (d) student assessment

国際的な合意を得た定義又は算出方法が国連から公表されていない指標
Indicator for which internationally agreed definition nor computation method has not been released by United Nations so far

4.a
子供、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、全ての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
Build and upgrade education facilities that are child, disability and gender sensitive and provide safe, non-violent, inclusive and effective learning environments for all

グローバル指標 Global Indicator

4.a.1
以下の設備等が利用可能な学校の割合 (a)電気、(b)教育を目的としたインターネット、(c)教育を目的としたコンピュータ、 (d)障害を持っている学生のための適切な設備・教材、 (e)基本的な飲料水、(f)男女別の基本的なトイレ、(g)基本的な手洗い施設(WASH指標の定義別)
Proportion of schools with access to: (a) electricity; (b) the Internet for pedagogical purposes; (c) computers for pedagogical purposes; (d) adapted infrastructure and materials for students with disabilities; (e) basic drinking water; (f) single-sex basic sanitation facilities; and (g) basic handwashing facilities (as per the WASH indicator definitions)
 
(a)電気
(d)障害を持っている学生のための適切な施設や道具
(e)基本的な飲料水
(f)男女別の基本的なトイレ
(g)基本的な手洗い場(WASH指標の定義別)
(a) electricity
(d) adapted infrastructure and materials for students with disabilities
(e) basic drinking water
(f) single-sex basic sanitation facilities
(g) basic handwashing facilities (as per the WASH indicator definitions)
定義*
Definition
以下の施設・設備へのアクセスが可能な、教育段階別(初等教育、前期中等教育、後期中等教育)の学校の割合。
(a)電気、(b)教育目的のインターネット、(c)教育目的のコンピュータ、(d)障害を持っている学生のための適切な設備・教材、(e)基本的な飲料水、(f)男女別の基本的なトイレ、(g)基本的な手洗い設備
It is defined as the percentage of schools by level of education (primary, lower secondary and upper secondary education) with access to the following facilities:
(a) Electricity; (b) the Internet for pedagogical purposes; (c) computers for pedagogical purposes; (d) adapted infrastructure and materials for students with disabilities; (e) basic drinking water; (f) single-sex basic sanitation facilities; and (g) basic handwashing facilities.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
% 100 100 100 100 100 100 100 100 100
注釈
Note

学校においてこれらの設備が利用可能であるかを直接的に調査した統計データは存在しないが、これらの設備が100%設置されていることは自明である。
Aithough no statistical data derived from a direct survey as to whether the above facilities can be utilized at schools exists, it is quite evident that these facilities are provided in 100% of schools.

 
(b)教育を目的としたインターネット
超高速インターネット接続率
(b) the Internet for pedagogical purposes
the connection rate for ultra-high-speed Internet access
定義*
Definition
以下の施設・設備へのアクセスが可能な、教育段階別(初等教育、前期中等教育、後期中等教育)の学校の割合。
(a)電気、(b)教育目的のインターネット、(c)教育目的のコンピュータ、(d)障害を持っている学生のための適切な設備・教材、(e)基本的な飲料水、(f)男女別の基本的なトイレ、(g)基本的な手洗い設備
It is defined as the percentage of schools by level of education (primary, lower secondary and upper secondary education) with access to the following facilities:
(a) Electricity; (b) the Internet for pedagogical purposes; (c) computers for pedagogical purposes; (d) adapted infrastructure and materials for students with disabilities; (e) basic drinking water; (f) single-sex basic sanitation facilities; and (g) basic handwashing facilities.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
% 65.9 67.1 71.3 75.4 79.1 81.6 84.2 87.3 91.8
注釈
Note

調査時期が3月1日なので、年単位の記載になっているが、年度単位での記載なら1年ずつずれる。
Since the survey date is march 1, it is categorized by calender year.
If it is categorized by fiscal year, the figures move a yaer backward one by one.

 
(c)教育を目的としたコンピュータ
教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数
(c) computers for pedagogical purposes
ultra-high-speed Internet connection rate
定義*
Definition
以下の施設・設備へのアクセスが可能な、教育段階別(初等教育、前期中等教育、後期中等教育)の学校の割合。
(a)電気、(b)教育目的のインターネット、(c)教育目的のコンピュータ、(d)障害を持っている学生のための適切な設備・教材、(e)基本的な飲料水、(f)男女別の基本的なトイレ、(g)基本的な手洗い設備
It is defined as the percentage of schools by level of education (primary, lower secondary and upper secondary education) with access to the following facilities:
(a) Electricity; (b) the Internet for pedagogical purposes; (c) computers for pedagogical purposes; (d) adapted infrastructure and materials for students with disabilities; (e) basic drinking water; (f) single-sex basic sanitation facilities; and (g) basic handwashing facilities.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
人/台
Number
6.8 6.6 6.6 6.5 6.5 6.4 6.2 5.9 5.6
注釈
Note

調査時期が3月1日なので、年単位の記載になっているが、年度単位での記載なら1年ずつずれる。
Since the survey date is march 1, it is categorized by calender year.
If it is categorized by fiscal year, the figures move a yaer backward one by one.

4.b
2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国、並びにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国及びその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
By 2020, substantially expand globally the number of scholarships available to developing countries, in particular least developed countries, small island developing States and African countries, for enrolment in higher education, including vocational training and information and communications technology, technical, engineering and scientific programmes, in developed countries and other developing countries

グローバル指標 Global Indicator

4.b.1
奨学金のためのODAフローの量(部門と研究タイプ別)
Volume of official development assistance flows for scholarships by sector and type of study

現在、提供できるデータはありません
Not available

4.c
2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国における教員研修のための国際協力などを通じて、質の高い教員の数を大幅に増加させる。
By 2030, substantially increase the supply of qualified teachers, including through international cooperation for teacher training in developing countries, especially least developed countries and small island developing States

グローバル指標 Global Indicator

4.c.1
各国における適切なレベルでの教育を行うために、最低限制度化された養成研修あるいは現職研修(例:教授法研修)を受けた (a)就学前教育、(b)初等教育、(c)前期中等教育、(d)後期中等教育に従事する教員の割合
Proportion of teachers in: (a) pre-primary; (b) primary; (c) lower secondary; and (d) upper secondary education who have received at least the minimum organized teacher training (e.g. pedagogical training) pre-service or in-service required for teaching at the relevant level in a given country

モニタリングの対象となっているターゲット4.cは開発途上国について定められており、本指標の場合は、日本において算出してもターゲットに向けた進捗を測定するものとはならない。
Given that the Target 4.c is set for developing countries, compiling the data in Japan on this indicator would not serve for measuring the progress toward achieving this Target.

Sustainable Development Goals 世界を変えるための17の目標