JAPAN SDGs Action PlatformJAPAN SDGs Action Platform

このプラットフォームは,社会に広がるSDGsに関連した取組を幅広く紹介することを目的に運営しています

SDGグローバル指標(SDG Indicators)

12: つくる責任つかう責任

12: つくる責任つかう責任

持続可能な生産消費形態を確保する

Ensure sustainable consumption and production patterns

ターゲット Target

12.1
開発途上国の開発状況や能力を勘案しつつ、持続可能な消費と生産に関する10年計画枠組み(10YFP)を実施し、先進国主導の下、全ての国々が対策を講じる。
Implement the 10-Year Framework of Programmes on Sustainable Consumption and Production Patterns, all countries taking action, with developed countries taking the lead, taking into account the development and capabilities of developing countries

グローバル指標 Global Indicator

12.1.1
持続可能な消費と生産への移行を支援することを目的とした政策手段を開発、採用、又は実施している国の数
Number of countries developing, adopting or implementing policy instruments aimed at supporting the shift to sustainable consumption and production
定義*
Definition
拘束力の有無に関わらず、持続可能な消費と生産(SCP)を支援することを目的とした国家行動計画を有する又は国の政策に優先事項若しくはターゲットとしてSCPが組み込まれているか否か
Regardless of binding authority, whether Japan has a national action plan aimed at supporting sustainable consumption and production (SCP), or whether Japan incorporates SCP as a priority or target in national policies.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
1 1 1 1 1 1 1 1 1
12.2
2030年までに天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を達成する。
By 2030, achieve the sustainable management and efficient use of natural resources

グローバル指標 Global Indicator

12.2.1
マテリアルフットプリント(MF)、一人当たりMF及びGDP当たりのMF
(指標8.4.1と同一指標)
Material footprint, material footprint per capita, and material footprint per GDP (repeat of 8.4.1)

現在、提供できるデータはありません
Not available

12.2.2
天然資源等消費量(DMC)、一人当たりのDMC及びGDP当たりのDMC
(指標8.4.2と同一指標)
Domestic material consumption, domestic material consumption per capita, and domestic material consumption per GDP (repeat of 8.4.2)
 
天然資源等消費量(DMC)
Domestic Material Consumption (DMC)
定義*
Definition
「天然資源等消費量(DMC)」は、物質フロー会計(MFA)指標であり、国内の経済活動のために消費した国産・輸入天然資源及び輸入製品の合計量
“Domestic Material Consumption (DMC)“ is a material flow accounting (MFA) indicator and the total amount of domestically extracted and imported materials and imported products used in domestic economic activities.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
トン
tonne
1,181,000,000 1,158,000,000 1,182,000,000 1,223,000,000 1,212,000,000 1,175,000,000 1,134,000,000 1,171,000,000
12.3
2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる。
By 2030, halve per capita global food waste at the retail and consumer levels and reduce food losses along production and supply chains, including post-harvest losses

グローバル指標 Global Indicator

12.3.1
a) 食料損耗指数、及び b) 食料廃棄指数
a) food loss index and b) food waste index
 
事業系食品ロス量
Food Loss and Waste from Food Industry
定義*
Definition
事業系食品ロス量。
本来食べられるにも関わらず廃棄された食品(食品ロス)のうち、食品関連事業者(食品の製造業者、加工業者、卸売業者、小売業者及び飲食店業者その他食事の提供を伴う事業を実施する者)から排出された量。
Food Loss and Waste from Food Industry
The amount of food loss and waste, which was originally edible, generated by food-related business operators (food manufacturers, food processors, food wholesalers, food retailers, restaurants and other businesses engaged in food services).

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
万トン
10,000 tonnes
- - 331 330 339 357 352 328 324 - -
注釈
Note

・SDGsターゲット12.3を踏まえ、食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律に基づく基本方針及び第四次循環型社会形成推進基本計画において事業系及び家庭系食品ロス量の削減目標をそれぞれ設定したところであり、これらの指標を代替指標とする。
・2018年、2019年については、現時点でデータが得られていない。

- Since the targets on "Food Loss and Waste from Food Industry" and "Food Loss and Waste from Households" were determined, considering the SDGs targets, in the Basic Plan of Food Recycling Act and the 4th Fundamental Plan for Establishing a Sound Material-Cycle Society, respectively, these two indicators substitute the global indicator for the evaluation of the progress of the SDGs target 12.3 in Japan.
- The Food Loss and Waste data in 2018 and 2019 are not available currently.

 
家庭系食品ロス量
Food Loss and Waste from Households
定義*
Definition
家庭系食品ロス量。
本来食べられるにも関わらず廃棄された食品(食品ロス)のうち、家庭から排出された食品の量。
The term "food loss and waste" is defined as "foods which were disposed while they were originally edible". The amount of "food loss and waste from households" represents the amount of food loss and waste generated by household sector.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
万トン
10,000 tonnes
- - 312 302 282 289 291 284 276 - -
注釈
Note

・SDGsターゲット12.3を踏まえ、食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律に基づく基本方針及び第四次循環型社会形成推進基本計画において事業系及び家庭系食品ロス量の削減目標をそれぞれ設定したところであり、これらの指標を代替指標とする。
・2018年、2019年については、現時点でデータが得られていない。

- Since the targets on "Food Loss and Waste from Food Industry" and "Food Loss and Waste from Households" were determined, considering the SDGs targets, in the Basic Plan of Food Recycling Act and the 4th Fundamental Plan for Establishing a Sound Material-Cycle Society, respectively, these two indicators substitute the global indicator for the evaluation of the progress of the SDGs target 12.3 in Japan.
- The Food Loss and Waste data in 2018 and 2019 are not available currently.

12.4
2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物資質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。
By 2020, achieve the environmentally sound management of chemicals and all wastes throughout their life cycle, in accordance with agreed international frameworks, and significantly reduce their release to air, water and soil in order to minimize their adverse impacts on human health and the environment

グローバル指標 Global Indicator

12.4.1
有害廃棄物や他の化学物質に関する国際多国間環境協定で求められる情報の提供(報告)の約束・義務を果たしている締約国の数
Number of parties to international multilateral environmental agreements on hazardous waste, and other chemicals that meet their commitments and obligations in transmitting information as required by each relevant agreement
定義*
Definition
5つの多国間環境協定(MEA)について、各MEAの事務局に関連情報を提出した締約国(5つのMEAについて、批准、受諾、承認又はアクセスした国)の数をいう。
It refers to the number of parties (countries that have ratified, accepted, approved or accessed) to five Multilateral Environmental Agreements (MEAs), which have submitted relevant information to the Secretariat of each MEA.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
スコア
score
100 100 100 100 100 100 100 100 100 100
12.4.2
(a)有害廃棄物の1人当たり発生量、(b)処理された有害廃棄物の割合(それぞれ処理手法別)
(a) Hazardous waste generated per capita; and (b) Proportion of hazardous waste treated, by type of treatment
 
(a) 有害廃棄物の1人当たり発生量
(a) Hazardous waste generated per capita
定義*
Definition
特別管理産業廃棄物の一人当たり排出量。
この指標は、当該年度の特別管理産業廃棄物の全国排出量を日本の人口で除して一人当たりとした数値。
Emissions of specially controlled industrial waste per capita: This indicator is calculated by dividing the national emissions of specially controlled industrial waste in the relevant fiscal year by the population of Japan.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
kg/人 19.8 18.7 17.7 20.0 22.2 23.0 21.6 21.7
注釈
Note

算出値は年度実績のため、当該年4月~当該翌年3月までの値である。

Calculated values are based on results for the fiscal year (from April to March of the following year).

 
(b) 処理された有害廃棄物の割合(処理手法ごと)
(b) Proportion of hazardous waste treated, by type of treatment
定義*
Definition
処理された特別管理産業廃棄物の割合(処理手法ごと)。
この指標は、当該年度に処理された特別管理産業廃棄物の総量に対する、再生利用、減量化及び最終処分された量の割合。
Proportion of specially controlled industrial waste treated (by type of treatment): This indicator is calculated as the proportion of the total amount of specially controlled industrial waste treated in the fiscal year that was treated via “recycling”, “reduction”, or “final disposal”.

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
再生利用
Recycled
% 29 29 34 27 23 27 26 36
減量化
Reduced
% 63 62 58 65 68 63 64 56
最終処分
Finally disposed
% 8 9 8 8 9 10 10 9
注釈
Note

算出値は年度実績のため、当該年4月~当該翌年3月までの値である。

Calculated values are based on the fiscal year results (from April to March of the following year).

12.5
2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。
By 2030, substantially reduce waste generation through prevention, reduction, recycling and reuse

グローバル指標 Global Indicator

12.5.1
各国の再生利用率、再生利用量(t)
National recycling rate, tons of material recycled

現在、提供できるデータはありません
Not available

12.6
特に大企業や多国籍企業などの企業に対し、持続可能な取り組みを導入し、持続可能性に関する情報を定期報告に盛り込むよう奨励する。
Encourage companies, especially large and transnational companies, to adopt sustainable practices and to integrate sustainability information into their reporting cycle

グローバル指標 Global Indicator

12.6.1
持続可能性に関する報告書を発行する企業の数
Number of companies publishing sustainability reports

現在、提供できるデータはありません
Not available

12.7
国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を促進する。
Promote public procurement practices that are sustainable, in accordance with national policies and priorities

グローバル指標 Global Indicator

12.7.1
持続可能な公的調達政策及び行動計画の実施の程度
Degree of sustainable public procurement policies and action plan implementation

現在、提供できるデータはありません
Not available

12.8
2030年までに、人々があらゆる場所において、持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。
By 2030, ensure that people everywhere have the relevant information and awareness for sustainable development and lifestyles in harmony with nature

グローバル指標 Global Indicator

12.8.1
(i)地球市民教育及び(ii)持続可能な開発のための教育が、(a)各国の教育政策、(b) カリキュラム、(c) 教師の教育、及び(d)児童・生徒・学生の達成度評価に関して、主流化されているレベル
(指標4.7.1及び13.3.1と同一指標)
Extent to which (i) global citizenship education and (ii) education for sustainable development are mainstreamed in (a) national education policies; (b) curricula; (c) teacher education; and (d) student assessment

現在、提供できるデータはありません
Not available

12.a
開発途上国に対し、より持続可能な消費・生産形態の促進のための科学的・技術的能力の強化を支援する。
Support developing countries to strengthen their scientific and technological capacity to move towards more sustainable patterns of consumption and production

グローバル指標 Global Indicator

12.a.1
発展途上国における再生可能エネルギー生産能力(1人当たりのワット数)
(指標7.b.1.と同一指標)
Installed renewable energy-generating capacity in developing countries (in watts per capita) (repeat of 7.b.1)

モニタリングの対象となっているターゲット12.aは後発開発途上国について定められており、本指標の場合は、日本において算出してもターゲットに向けた進捗を測定するものとはならない。

Given that the Target 12.a is set for developing countries, compiling the data in Japan on this indicator would not serve for measuring the progress toward achieving this Target.

12.b
雇用創出、地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業に対して持続可能な開発がもたらす影響を測定する手法を開発・導入する。
Develop and implement tools to monitor sustainable development impacts for sustainable tourism that creates jobs and promotes local culture and products

グローバル指標 Global Indicator

12.b.1
観光の持続可能性の経済及び環境的側面を測定するための標準的な計算ツールの導入
Implementation of standard accounting tools to monitor the economic and environmental aspects of tourism sustainability
定義*
Definition
TSA 第1表~第7表
Tourism Satellite Account (TSA) Table 1-7

*「指標名」と定義は異なる場合があります。詳しくは「作成方法」をご確認ください。

詳細集計
Disaggregation
単位
Unit
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
作成表の数
Number of tables created
7 7 7 7 7
注釈
Note

* 第1表~第7表まで作成済み
* 2018年時点が最新

* Tables 1-7 have been created.
* Latest data is as of 2018

12.c
開発途上国の特別なニーズや状況を十分考慮し、貧困層やコミュニティを保護する形で開発に関する悪影響を最小限に留めつつ、税制改正や、有害な補助金が存在する場合はその環境への影響を考慮してその段階的廃止などを通じ、各国の状況に応じて、市場のひずみを除去することで、浪費的な消費を奨励する、化石燃料に対する非効率な補助金を合理化する。
Rationalize inefficient fossil-fuel subsidies that encourage wasteful consumption by removing market distortions, in accordance with national circumstances, including by restructuring taxation and phasing out those harmful subsidies, where they exist, to reflect their environmental impacts, taking fully into account the specific needs and conditions of developing countries and minimizing the possible adverse impacts on their development in a manner that protects the poor and the affected communities

グローバル指標 Global Indicator

12.c.1
GDPに対する化石燃料補助金(生産・消費)の割合
Amount of fossil-fuel subsidies (production and consumption) per unit of GDP

現在、提供できるデータはありません
Not available

Sustainable Development Goals 世界を変えるための17の目標