外交シンクタンクとの連携

外交・安全保障調査研究事業費補助金

平成29度実施事業に関する審査・評価委員会による中間評価結果

平成30年6月22日

 6月7日(木),平成29年度実施事業に関する審査・評価委員会が開催されました。同委員会における検討の結果,事後評価は以下のとおりとなりました(事業名のところをクリックしていただければ,各事業者から提出のあった補助事業実績報告書を見ることができます)。

事業名 事業者名 評価結果
発展型総合事業
分野A(国際政治及び国際情勢一般)
「自由で開かれた国際秩序」の強靭性-米国,中国,欧州をめぐる情勢とそのインパクト(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (公財)日本国際問題研究所 A
分野B(安全保障)
安全保障政策のボトムアップレビュー(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (公財)日本国際問題研究所 A
分野C(経済外交及びグローバルな課題)
地球規模課題の解決に向けた日本の提言力の強化と,日本を発信拠点とする世界10カ国トップシンクタンク会議による21世紀の新しい世界秩序の原則の提起(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く 特定非営利活動法人 言論NPO A-
総合事業
分野A(国際政治及び国際情勢一般)
北東アジアに平和秩序を構築するための日中両国への平和原則提案と日米中韓の多国間協議メカニズムの創設(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く 特定非営利活動法人 言論NPO A
分野B(安全保障)
「パワー・トランジション時代」の日本の総合外交戦略-新興国台頭をめぐるリスクとオポチュニティ(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (公財)日本国際フォーラム A
分野C(経済外交及びグローバルな課題)
反グローバリズム再考-国際経済秩序を揺るがす危機要因の研究(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (公財)日本国際問題研究所 A
分野D(領土・海洋をめぐる問題)
インド太平洋地域の海洋安全保障と「法の支配」の実体化に向けて:国際公共財の維持強化に向けた日本外交の新たな取り組み(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (公財)日本国際問題研究所 A
調査研究事業
分野A(国際政治及び国際情勢一般)
国際秩序にサイバー空間が与える影響の評価,対抗策研究(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (株)三菱総合研究所 B
分野B(安全保障)
平和安全法制に基づく我が国の国際平和協力の在り方(方向性)の研究(2年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (一社)日本戦略研究フォーラム A
分野C(経済外交及びグローバルな課題)
技術革新がもたらす安全保障環境の変容と我が国の対応(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (公財)未来工学研究所 A-
分野D(領土・海洋をめぐる問題)
新段階の日本の海洋戦略-「開かれ安定した海洋」に向けて-(3年事業,1年目)(PDF)別ウィンドウで開く (公財)日本国際フォーラム A

参考

事後評価の評価基準

  • A+:補助事業の当初の目的に照らして,期待以上の成果があった。
  • A :補助事業の当初の目的に照らして,期待どおりの成果があった。
  • A-:補助事業の当初の目的に照らして,概ね期待どおりの成果があった。
  • B :補助事業の当初の目的に照らして,十分ではなかったが一応の成果があった。
  • C :十分な成果があったとは言い難い。


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
外交シンクタンクとの連携へ戻る