キルギス共和国

山田外務大臣政務官とボロノフ・キルギス第一副首相との会談

令和元年6月21日

  • 山田外務大臣政務官とボロノフ・キルギス第一副首相との会談1
  • 山田外務大臣政務官とボロノフ・キルギス第一副首相との会談2

 6月21日午前10時55分頃から約20分間,山田賢司外務大臣政務官は,クバトベク・ボロノフ・キルギス共和国第一副首相(H.E. Mr. Kubatbek BORONOV, First Deputy Prime Minister of the Kyrgyz Republic)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,山田政務官から,昨年末のキルギス訪問の際に続きボロノフ第一副首相と再会でき嬉しく思う旨述べるとともに,今般の訪日に対する歓迎の意を表明しました。また,山田政務官から,5月のタジキスタンでの日・キルギス外相会談や今回のボロノフ第一副首相の訪日を含め,両国間でハイレベルでの往来や会談が続いていることを喜ばしく思う旨述べた上で,交渉中の投資協定に関する作業の前進に向けた協力を求めるとともに,政治,経済,経済協力等の分野を始め,二国間関係の更なる発展に向けてボロノフ第一副首相と協力していきたい旨述べました。

2 これに対し,ボロノフ第一副首相から,今回の訪日及びに昨年末来の山田政務官との再会を嬉しく思う旨述べるとともに,JICA別ウィンドウで開くの一村一品プロジェクトや青年海外協力隊員の派遣等,キルギスの経済社会開発への日本の支援に謝意を表明しました。また,投資協定交渉について政府内での作業を進める旨述べるとともに,経済,環境,農産品輸出といった様々な分野で二国間関係を強化していきたい旨述べました。


関連リンク

このページのトップへ戻る
キルギス共和国へ戻る