経済協力開発機構(OECD)

日・ノルウェー外相立ち話

令和元年5月22日

 本22日午後5時30分(現地時間:日本時間23日0時30分)から約5分間,経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会等出席のためパリを訪問中の河野太郎外務大臣は,同閣僚理事会の会場において,イーネ・エーリクセン・ソーライデ・ノルウェー外相 (H.E. Ms. Ine Eriksen Søreide, Minister of Foreign Affairs of the Kingdom of Norway)との間で立ち話を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1.  河野外務大臣から,日本産食品の輸入規制撤廃に向けた働きかけを含む日ノルウェー二国間の諸課題について,我が国の考えを伝達しました。
  2.  ソーライデ大臣から,日ノルウェー二国間の諸課題について,今後も協力を進めていきたい旨述べました。

このページのトップへ戻る
経済協力開発機構(OECD)へ戻る