核軍縮・不拡散

河野外務大臣の2020年NPT運用検討会議第2回準備委員会における
「核軍縮の実質的な進展のための賢人会議」サイド・イベントへの出席

平成30年4月24日

英語版 (English)

  • 河野外務大臣の2020年NPT運用検討会議第2回準備委員会における「核軍縮の実質的な進展のための賢人会議」サイド・イベントへの出席1
  • 河野外務大臣の2020年NPT運用検討会議第2回準備委員会における「核軍縮の実質的な進展のための賢人会議」サイド・イベントへの出席2
  • 河野外務大臣の2020年NPT運用検討会議第2回準備委員会における「核軍縮の実質的な進展のための賢人会議」サイド・イベントへの出席3

1 4月24日13時15分頃(日本時間24日20時15分頃),河野太郎外務大臣はジュネーブで開催中の2020年核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議第2回準備委員会における「核軍縮の実質的な進展のための賢人会議」サイド・イベントに出席し,開会挨拶を行いました。

2 河野大臣は,同挨拶において,賢人会議の提言は様々なバック・グラウンドのメンバーが考え方の相違を乗り越えて取りまとめられたものであることから,本件取り組みは橋渡しの実践であり,国際社会として参考になる有益な提言である旨述べました。

3 また,河野大臣は,今次提言の中で興味深い点として,核軍縮を進めるべく各国の有意義な対話を促す上で「議論における礼節を取り戻す」必要性が指摘されていること,安全保障を向上させ,検証と不遵守に対する強制が可能な効果的な核軍縮の定義について広く共有された理解が存在しないことを挙げた上で,こうした点を踏まえて有意義な議論を行っていくことが核軍縮を進めて行く上で重要である旨述べました。

4 同サイド・イベントでは,河野大臣からブガイスキー第2回運用検討会議議長(在ウィーン・ポーランド代表部大使)に対して提言及び議長サマリー(英文及び仮訳)(PDF)別ウィンドウで開くが手交されたほか,賢人会議委員代表による提言に関するプレゼンテーション及び賢人会議委員と外部有識者・政府実務者によるパネル・ディスカッションが行われました。

  • 画像2
    河野大臣からブガイスキー運用検討会議議長に対し提言書手交
  • 画像2
    河野大臣からブガイスキー運用検討会議議長に対し提言書手交

このページのトップへ戻る
核軍縮・不拡散へ戻る