核軍縮・不拡散

岸田外務大臣の2020年核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議第1回準備委員会における
一般討論演説

平成29年5月2日

1 5月2日17時30分頃(現地時間2日10時30分頃)から,岸田文雄外務大臣はウィーンで開催中の2020年核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議第1回準備委員会に出席し,一般討論演説日本語(PDF)別ウィンドウで開く英語(PDF)別ウィンドウで開く)を行いました。

2 岸田大臣は,会議冒頭のこの演説において,核兵器のない世界を実現していくためには,核兵器国と非核兵器国の信頼関係の再構築が必要であると述べるとともに,そのために透明性,安全保障環境,被爆の実相の認識の「3つの向上」を提案し,更に,日本の考える核兵器のない世界に向けた具体的な道筋を提案しました。

3 また,具体的な行動として,年内に賢人会議を開催し,核軍縮の進展に資する提言を得て次回のNPT準備委員会に報告することや,広島や長崎への外国人1,000名の招へい等を提案しました。加えて,核不拡散のための保障措置や核セキュリティの強化,原子力の平和的利用に関する我が国の貢献に言及しつつ,核兵器のない世界を目指して,2020年NPT運用検討会議の成功に向け日本として全力を尽くす決意を示しました。


このページのトップへ戻る
核軍縮・不拡散へ戻る