ロシア連邦

2014年「日露武道交流年」

平成26年12月9日

  • 2014年「日露武道交流年」ロゴマーク画像
 2013年4月,我が国の総理大臣として10年ぶりにロシアを公式訪問した安倍総理は,プーチン大統領との間で行われた日露首脳会談において,スポーツ分野における日露交流を発展させる重要性につき一致し,2014年を「日露武道交流年」とすることに合意しました。
 日露両国は,この「日露武道交流年」を通じ,武道という切り口での日露両国民の交流の活性化と相互理解を促進していく所存です。

1.「日露武道交流年」記念事業カレンダー

 本年の「日露武道交流年」記念事業として日本外務省が認定している事業は,現時点で以下のとおりです。今後も随時更新して参ります。

2.記念事業の認定

(1)日本外務省は,日本国内の各種団体が2014年に日露両国のいずれかにおいて主催・共催する武道関連行事のうち,日露両国民の交流促進強化に資すると認められるものについて,「日露武道交流年」記念事業としての認定を行っています。

(2)記念事業として認定された事業は,当該事業の広報媒体(ポスター,パンフレット等)に,「日露武道交流年」の名称を上記のロゴマークと共に使用することができるほか,上記の「日露武道交流年」記念事業カレンダーに登録され,公表されます。

(3)認定を受けることを希望される方は,以下の事業認定ガイドラインを熟読の上,原則として事業実施の1か月前までに申請を行って下さい。

3.記念ロゴマーク

 2013年10月~11月にかけ,日露両国においてロゴマーク・デザインを公募したところ,47名の方々から合計90作品の応募がありました。皆様のご協力まことに有り難うございました。
 日露両国で厳正なる審査を行った結果,冒頭に掲載の作品をロゴマークとして採用いたしました。

・作者ご氏名: 大竹 友美(おおたけ ともみ)様
・作者ご所属: 編集・デザイン事務所 momizo
・作品の趣旨: 「日本とロシアが互いに協力し、友好関係を継続していきますように」という願いをハートの形に込めました。このハートは日露の武道家によって形作られています。2人が、しなやかに鍛えられた体で、互いに技を高め合う様子を表しました。

Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
ロシア連邦へ戻る