ミクロネシア連邦

日・ミクロネシア首脳間の懇談

平成30年11月2日

 本2日,午後5時30分から約20分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中のピーター・マーティン・クリスチャン・ミクロネシア連邦大統領(H.E. Mr. Peter Martin Christian, President of the Federated States of Micronesia)との間で懇談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理大臣から,本年5月の第8回太平洋・島サミット(PALM8)以来の再会を嬉しく思うとともに,本年の日ミクロネシア外交関係樹立30周年を機に両国の絆を更に発展させたい旨述べました。これに対し,クリスチャン大統領から,お忙しい中,訪日に際する温かいおもてなしに感謝する旨述べました。

2 安倍総理大臣から,日本はPALM8表明したコミットメント(PDF)別ウィンドウで開くをしっかりと実施していく旨述べました。これに対し,クリスチャン大統領から,日本からの援助に対して謝意が述べられました。

3 また,両首脳は,日本漁船の安定的な操業への配慮,遺骨収集事業における協力,違法漁業対策等において,今後も緊密に連携していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
ミクロネシア連邦へ戻る