パキスタン・イスラム共和国

河野外務大臣とバジュワ・パキスタン陸軍参謀長との会談

平成30年1月4日

  • 河野外務大臣とバジュワ・パキスタン陸軍参謀長との会談1
  • 河野外務大臣とバジュワ・パキスタン陸軍参謀長との会談2

 パキスタンを訪問中の河野太郎外務大臣は,4日(木曜日)9時45分(現地時間)から約70分間,カマル・ジャベド・バジュワ・パキスタン陸軍参謀長(General Qamar Javed Bajwa, Chief of Army Staff of the Pakistan Army)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

1 河野大臣から,地域の安定はパキスタンの発展にとって不可欠であり,日本はパキスタンが地域の安定のために果たしてきた役割と犠牲を評価する,テロはいかなる理由によっても正当化できず,全てのテロ行為を断固として非難し,パキスタンが引き続き全てのテロに対して厳しい姿勢で立ち向かうことを求めると述べた。また,河野大臣より,日本はテロ対策の分野でパキスタンと引き続き協力する旨述べた。

2 バジュワ陸軍参謀長から,河野大臣の訪問を歓迎する,パキスタンとして長年に亘り多大な犠牲を払いつつ,テロ対策に取り組んできたと述べつつ,パキスタンを巡るテロ情勢,対策につき種々の説明があり,テロ対策への日本の支援に感謝している旨述べた。

3 また,河野大臣とバジュワ陸軍参謀長は,北朝鮮情勢アフガニスタンの平和と安定,核軍縮を含む国際情勢について意見交換を行った。


このページのトップへ戻る
パキスタン・イスラム共和国へ戻る