インド

日印首脳会談

平成29年7月7日

英語版 (English)

1 安倍総理は,7月7日15時05分から15時40分までの間,G20出席のため訪問中のドイツ・ハンブルクにて,ナレンドラ・モディ・インド首相との間で会談(両首脳間で9回目)を行いました。

2 冒頭,モディ首相より,国際会議の機会のたびにお会いでき嬉しく思う,2014年以来の日印のパートナーシップは大きく開花しており,安倍総理のインド訪問を心待ちにしていると述べました。これに対し,安倍総理から,昨年日本でお会いして以来,再会できて嬉しい,日印の戦略的な対話は進んでおり,本年のインド訪問を楽しみにしていると述べました。

3 安倍総理より,モディ首相と共に「日印新時代」を更に大きく飛躍させ,インド太平洋地域と世界の平和と繁栄を主導していきたい,来るインド訪問においては,「自由で開かれたインド太平洋戦略」と「アクト・イースト」政策の連携を具体的に示したい,と述べました。これに対し,モディ首相より,日印両国は民主主義や法の支配の秩序作りの上で大きな役割を果たす、日印の連携を更に一層強化していきたいと述べました。

4 その後,両首相は,政治・安全保障,高速鉄道,経済・経済協力等の日印間の主要課題,さらに地域情勢について率直な意見交換を行いました。

(1)安倍総理より,来週の日印米海上共同訓練マラバールは日印防衛協力,日印米協力の象徴であると述べ,モディ首相からも日本との防衛協力,日印米三か国による具体的協力を更に進めていきたいと述べました。

(2)安倍総理より,日印原子力協定(PDF)別ウィンドウで開くの早期発効及び原子力協力の具体化への期待を表明し,モディ首相より日本側取組への謝意が表明されました。

(3)両首相は,ムンバイ・アーメダバード間の高速鉄道についても,具体的成果を早期に示せるよう着実に進めていくことで一致しました。

(4)両首相は,地域の諸課題について,首脳間での率直な議論が重要であることで一致するとともに,北朝鮮をめぐる問題等について更に情報交換を行い,国際社会による制裁が実効的なものとなるよう緊密に連携していくことを確認しました。


このページのトップへ戻る
インドへ戻る