シンガポール共和国

バラクリシュナン・シンガポール外務大臣による安倍総理大臣表敬

平成28年4月25日

 本25日午前9時40分頃から約25分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中のビビアン・バラクリシュナン・シンガポール外務大臣(H.E. Dr. Vivian BALAKRISHNAN, Minister for Foreign Affairs, the Republic of Singapore)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,安倍総理大臣から,リー・シェンロン・シンガポール首相から熊本地震に関するお見舞いメッセージを頂いたことに対して感謝を述べるとともに,日・シンガポール外交関係樹立50周年を祝うため,外務大臣として初訪日されたことを大変嬉しく思う旨述べました。

2 これに対して,バラクリシュナン外務大臣から,改めて熊本地震に対するお見舞いが寄せられ,シンガポールとして,できることがあればいかなる支援も惜しまない旨述べました。また,同外務大臣から,今回外務大臣として初めて訪日し,安倍総理大臣に表敬できることを感謝している,シンガポールは日本の積極的平和主義を公に支持してきており,先日施行された平和安全法制(PDF)別ウィンドウで開くについても,この地域の平和と安定の柱である日米同盟を強化するものであり,これを支持する旨述べました。さらに,同外務大臣から,今後も日本と協力し,二国間関係をさらに発展させるとともに,地域の平和と安定のために貢献していきたい旨述べました。

3 安倍総理大臣から,シンガポールの我が国に対する理解と支持に感謝を述べるとともに,これまでの50年間,リー・クァンユー首相をはじめ,歴代の日本とシンガポールの指導者が努力し,今日の緊密な関係を築き上げてきたことは喜ばしい,本年を,外交関係樹立50周年を祝うのに相応しい飛躍の年としたい旨述べました。双方は,外交関係樹立50周年の成功に向けて,連携していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
シンガポール共和国へ戻る