インドネシア共和国

セティヤ・インドネシア国会議長による安倍総理大臣表敬

平成27年11月12日

 本12日午前8時45分頃から約15分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中のセティヤ・ノヴァント・インドネシア国会議長(H.E.Mr. Setya Novanto, Speaker of the House of Representatives of the Republic of Indonesia)一行による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,安倍総理大臣から,訪日を歓迎する旨述べるとともに,セティヤ議長の60歳の誕生日についてお祝いを伝えました。また,安倍総理大臣は,議員交流を重視しており,両国は順調に発展していると考えているが,活発な議員交流を歓迎する,近く福田元総理,二階日本・インドネシア国会議員連盟会長が1,000名規模の訪問団を率いてインドネシアを訪問する予定であり,両国要人間の交流が一層活発になることを期待している旨述べました。

2 セティヤ国会議長は,日・インドネシア間の協力強化は,ASEAN及び国際社会にとっても重要である旨述べるとともに,南シナ海の問題を含め,地域の平和と安定のために,日本政府が効果的に協力し積極的に貢献していることに対し敬意を表する旨述べました。また,先般の日中韓サミットの成功を歓迎する旨述べました。

3 また,セティヤ議長は,経済分野ではインフラ等で両国間の協力が進展していることを歓迎するとともに,防衛分野では,防衛装備,防衛産業分野での協力拡大を期待している旨述べました。またセティヤ議長は,国会としても福田元総理,二階議連会長らの訪問団の来訪を歓迎する旨述べ,ジョコ大統領から安倍総理大臣に宜しく伝えてほしいとのメッセージを預かっている旨述べました。

4 安倍総理大臣は,経済,政治分野に加え,安全保障でも協力が進んでいると伺い喜ばしい,南シナ海については,現状を変更する一方的な行動を懸念しており,ASEANが一体としてメッセージを発信することが重要である旨述べ,インドネシアが積極的に関与することを期待する旨述べました。


このページのトップへ戻る
インドネシア共和国へ戻る