ベトナム社会主義共和国

チン越日友好議員連盟会長による安倍総理大臣表敬

平成29年8月29日

 本29日午後2時45分から約25分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中のファム・ミン・チン・越日友好議員連盟会長(H.E. Mr. Pham Minh Chinh, President of the Viet Nam – Japan Parliamentary Friendship Association)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理大臣から,本年1月以来の再会を喜ばしく思う,両国の活発な議員間交流を通じ,日越関係の一層の発展に貢献していただきたい,また,チン会長が推進されている,政治・行政改革の成功に向けて,日本も積極的に協力していきたい旨,述べました。これに対し,チン会長から,本日お会いできたことを非常に嬉しく思う,今次訪問は「広範な戦略的パートナーシップ(PDF)別ウィンドウで開く」の下,両首脳間の合意を具体化すべく行っており,政治,行政改革やインフラ整備,人材育成等引き続き御支援願いたい,引き続き,両国の連携を強化させていきたい旨,述べました。

2 安倍総理大臣から,今朝,北朝鮮は我が国の上空を通過する弾道ミサイルを発射した別ウィンドウで開く,これまでにない重大な脅威であり,国際社会と連携して北朝鮮に対する圧力を強化する必要がある,拉致問題の早期解決も含めベトナムの協力を得たい旨,述べました。これに対してチン会長から,ベトナムは朝鮮半島の非核化を支持しており,国連憲章,安保理諸決議に反する行為を強く非難する,また,国連安保理決議(PDF)別ウィンドウで開くを厳格に遵守するよう各国に働きかけており,地域の非核化に向けて引き続き連携したい,更に拉致問題についても反対であり,ベトナムとして最大限協力したい旨,述べました。


このページのトップへ戻る
ベトナム社会主義共和国へ戻る