アジア

認定事業名義,ロゴマーク使用ガイドライン

平成30年10月22日

英語版 (English)

認定事業名義

 表記は以下のとおりとします。フォントは任意です。

  • 英語:Mekong-Japan Exchange Year 2019
  • 日本語:日メコン交流年2019

ロゴマーク:種類

 正式ロゴマークは,英語版のみです。色はカラー版とモノクロ版の2種類が入手可能です。

  • (画像1)ロゴマーク(カラー)
    カラー
  • (画像2)ロゴマーク(モノクロ)
    モノクロ

ロゴマーク:サイズ

  1. サイズは拡大・縮小をしてもかまいません。ただし,ロゴマークの縦横比は変えないで下さい。
  2. 拡大・縮小にあたっては,ロゴマークに含まれる文字部分が判読できるように表示して下さい。
  3. サイズの変更(画素数の変更を含む)を行ったデータを再配布しないで下さい。

ロゴマーク:構成

  1. ロゴマークの絵柄と文字の配置は換えないで下さい。
  2. ロゴマークの絵柄や文字を分解したり,再編集したりしないで下さい。

ロゴマーク:レイアウト

  1. ロゴマークの範囲に他の文字やデザインが接したり,重なったりしないように配置して下さい。
  2. ロゴマークとそれ以外の文字やデザインとの間には一定の間隔をあけて,一体化したデザインと思われないようにしてください。

ロゴマーク:色彩

  1. ロゴマークに使用されている色又はそれに近い色を背景の色として使用しないで下さい。
  2. 色の変更は行わないで下さい。

認定事業名義,ロゴマーク使用に伴う注意事項

  1. 認定事業名義,ロゴマーク(以下ロゴマーク等)の使用は,事業認定された事業等についてのみ認められます。使用期限は原則として,2019年12月31日です。
  2. 他の事業主体へのロゴマーク再配布等のロゴマークの無断使用は禁止します。
  3. 認定事業終了後に提出する報告書の内容にロゴマークを使用した制作物についての記述を加えて下さい。
  4. 使用後のロゴマークの清刷り及びデータについては,事業主体が責任を持って処分・消去を行って下さい。
  5. 事業に関わるすべての責任は,事業主体が負うものであり,ロゴマーク等の付与によって外務省が責任を負うことは一切ありません。
  6. 事業認定後,事業内容に大幅な変更がある場合には,申請先に届出を行って下さい。事業の中止又は不適当な事業実施となることが判明した場合,事業認定を取り消し,ロゴマークの使用許可についても取り消すことがあります。

このページのトップへ戻る
アジアへ戻る