報道発表

日・独物品役務相互提供協定(日独ACSA)への署名

令和6年1月29日
署名の様子
署名を終えた上川外務大臣とゲッツェ駐日ドイツ連邦共和国特命全権大使
会談の様子

 1月29日、東京において、上川陽子外務大臣とフォン・ゲッツェ駐日ドイツ連邦共和国特命全権大使(H.E. Dr. Clemens von Goetze, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Federal Republic of Germany)との間で、「日本国の自衛隊とドイツ連邦共和国の軍隊との間における物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とドイツ連邦共和国政府との間の協定」(略称:日・独物品役務相互提供協定(日独ACSA)への署名が行われました。

  1. 日独ACSAは、自衛隊とドイツ軍隊との間において、物品・役務を相互に提供する際の決済手続等の枠組みを定める協定です。
  2. この協定により、自衛隊とドイツ軍隊との間で物品・役務の提供を円滑かつ迅速に行うことができるようになります。この協定は、自衛隊とドイツ軍隊との間の緊密な協力を促進するとともに、国際社会の平和と安全に積極的に寄与するものです。

[参考]別添PDF
日・独物品役務相互提供協定(和文(PDF) 別ウィンドウで開く独文(PDF) 別ウィンドウで開く


報道発表へ戻る