報道発表

日米韓インド太平洋対話の開催(結果)

令和6年1月9日

 1月5日(現地時間同日)、米国ワシントンDCにおいて、日米韓インド太平洋対話が開催されました。同対話には、日本側から河邉賢裕総合外交政策局長ほか、米側からダニエル・クリテンブリンク米国国務次官補(東アジア・太平洋担当)ほか、韓国側から鄭炳元(チョン・ビョンウォン)韓国外交部次官補ほかが出席しました。

  1. 3か国の参加者は、東南アジア及び太平洋島嶼国とのパートナーシップに焦点を置きつつ、各国のインド太平洋地域に対するアプローチや協力の可能性について議論しました。
  2. また、3か国の参加者は、インド太平洋地域を形作る地政学的な傾向に関する各国の評価を共有し、日米韓協力を高めていく必要性を強調しました。
  3. さらに、3か国の参加者は、本対話を毎年開催し、インド太平洋地域における共通の懸念に関して調整していくことを再確認しました。

(参考1)別添資料(PDF)Open a New Window

(参考2)日米韓インド太平洋対話
 2023年8月の日米韓首脳会談の際に発出された日米韓首脳共同声明は、インド太平洋に対する3か国それぞれのアプローチを連携させるため、局長/次官補級のインド太平洋対話を年に一度開催するとしており、これを踏まえ、今般、日米韓インド太平洋対話が開催された。


報道発表へ戻る