報道発表

対日理解促進交流プログラム「JENESYS2020」日中高校生オンライン交流(大阪府-陝西省)の開催について

令和3年12月3日

 12月17日に「JENESYS2020」の一環として、日中高校生オンライン交流 (大阪府-陝西省)を開催します。

  1. 開催概要は、次のとおりです。
  • (1)名称:対日理解促進交流プログラム「JENESYS2020」日中高校生オンライン交流 (大阪府-陝西省)
  • (2)実施日:2021年12月17日(金曜日)8時45分~10時35分、14時00分~16時00分
  • (3)参加者:
    • ア 中国・西安中学、漢中略陽県普通高級中学の高校生 20~30名(予定)
    • イ 日本・大阪府立門真なみはや高等学校の高校生20~30名(予定)
  • (4)内容:お互いの地域や学校の紹介、部活動紹介、グループ交流など
  1. 本交流では、新型コロナウイルスの感染拡大により、対面での交流が叶わない中、日本と中国の高校生がオンラインによる交流を行うもので、「文化」をテーマに、お互いの国・地域や学校生活の紹介、ディスカッション等の交流活動を実施する予定です。
  2. 本交流を通じて、日本と中国の高校生が等身大の視点・感性で相互理解を図り、友好交流を強めることが期待されます。
(参考1)対日理解促進交流プログラム「JENESYS2020」

 日本とアジア大洋州の各国・地域との間で、対外発信力を有し、将来を担う人材を招へい・派遣し、政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者に自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、我が国の外交基盤を拡充することを目的とする。
 (注)「JENESYS2020」については2022年3月まで期間を延長して実施中。

(参考2)事業実施団体

 公益財団法人 日中友好会館別ウィンドウで開く
 電話:03-5800-3749


報道発表へ戻る