報道発表

河野外務大臣とヴェセリ・コソボ議会議長との会談

平成31年3月13日

  • ヴェセリ・コソボ議会議長と握手する河野外務大臣1
  • ヴェセリ・コソボ議会議長と会談する河野外務大臣2
  • 河野外務大臣とヴェセリ・コソボ議会議長との会談3
  1.  本13日,午後2時10分から約20分間,河野太郎外務大臣は,訪日中のカドリ・ヴェセリ・コソボ共和国議会議長(Mr. Kadori Veseli, the President of the Assembly of the Republic of Kosovo)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1. 河野大臣から,ヴェセリ議長の訪日を歓迎するとともに,日本は西バルカン地域の安定の鍵であるコソボとの関係を重視しており,「西バルカン協力イニシアティブ」の下,EU加盟を念頭においた同国の改革努力を支援していく旨述べました。また,本年の日・コソボ外交関係樹立10周年に際し,協力関係を更に発展させる予定である旨述べました。
    2. これに対し,ヴェセリ議長から,これまでの日本の支援に対する謝意を述べました。また,先月署名式を実施した廃棄物収集車の供与案件に言及した上で,環境対策はコソボの喫緊の課題であり,日本との協力を促進していきたい旨述べました。さらに,日本との経済関係強化に向けた期待が表明され,意見交換しました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る