報道発表

ネパールに対する紛争予防・平和構築無償資金協力「制憲議会選挙支援計画」に関する書簡の交換

平成25年7月24日

    1.  本24日(現地時間同日),ネパール連邦民主共和国の首都カトマンズにおいて,我が方高橋邦夫駐ネパール大使と先方シャンタ・ラジ・スベディ財務省次官(Mr. Shanta Raj Subedi, Secretary, Ministry of Finance, Government of Nepal)との間で,1億4,900万円の紛争予防・平和構築無償資金協力「制憲議会選挙支援計画」(Project for Assistance to the Constituent Assembly Election)の供与に関する書簡の交換が行われました。
    2.  現在,ネパールでは制憲議会選挙を行い,憲法を制定することにより平和を定着させ,民主主義への移行を着実に実施することが急務となっています。この計画は,本年11月に実施が予定されている制憲議会選挙に際し,投票所で必要な選挙用物品を供与するものです。
    3.  この計画を実施することにより,公正かつ円滑な投票の実施を促進し,法令に基づく円滑な選挙実施や不正防止についてのネパール国民の意識を向上させ,最終的には同国の平和の定着と民主主義への着実な移行に寄与することが期待されます。

    (参考)
     ネパール連邦民主共和国は,面積14.7万平方キロメートル,人口約2,649万人(2011年),1人当たりGNI(国民総所得)は540ドル(2011年,世銀)。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る