報道発表

タンザニアに対する円借款及び無償資金協力に関する書簡の交換(「第十次貧困削減支援貸付」及び「タザラ交差点改善計画」)

平成25年6月18日

    1.  本18日(現地時間同日)、タンザニア連合共和国の首都ドドマにおいて、我が方岡田眞樹駐タンザニア大使と先方ウィリアム・アウグスタオ・ムギムワ財務大臣(Dr. William Augustao Mgimwa, Minister for Finance)との間で、円借款「第十次貧困削減支援貸付」及び無償資金協力「タザラ交差点改善計画」に関する書簡の交換が行われました。各案件の概要は以下のとおりです。
    2. 円借款「第十次貧困削減支援貸付」(供与限度額:15億円)

      (1)対象案件の概要
       この協力は、投資環境整備や財政運営改善等に取り組むタンザニア政府の改革努力を後押しするため、世界銀行との協調融資により財政支援を行うものです。タンザニアは、有望な市場と豊富な資源を有し、日本企業の関心も高まっていますが、貧困率は依然として高く、タンザニア政府は更なる経済成長のため投資環境の整備や財政運営の改善を含む国家戦略の実施に取り組んでいます。
       この協力により、投資環境の改善を通じて日本企業を含む投資促進に寄与するとともに、公共財政管理が強化され、健全なマクロ経済運営につながることが期待されます。

      (2)供与条件
      ア 金利(無利子近似条件を適用):年0.01%
      イ 償還期間:40年(10年の据置期間を含む)
      ウ 調達条件:一般アンタイド

    3. 無償資金協力「タザラ交差点改善計画」(供与限度額:31.27億円)

       この協力は、タンザニア第一の都市であるダルエスサラーム市内で最も混雑の激しいタザラ交差点を立体交差化するための支援を行うものです。タザラ交差点は空港と市内を結ぶ幹線道路と、港から内陸国へ続く国際回廊を結ぶ幹線道路が交わる交差点であるため、渋滞が慢性化し、同市内の経済活動や物流の妨げとなっています。この協力の実施により、交通や物流が円滑化し、ひいてはタンザニア及び周辺地域の経済発展につながることが期待されます。

    4.  我が国は、本年6月1日~3日に開催された第5回アフリカ開発会議(TICADV)において、民間セクター主導の成長の促進を目指し、投資環境等の改善のための取組への協力を強化することを表明したほか、成長基盤の強化のためのインフラ整備の促進を掲げており、これら協力はその達成にも貢献するものです。
    (参考)
     タンザニア連合共和国は,東アフリカのインド洋に面し,面積約94万5,000平方キロメートル,人口約4,622万人(2011年,世銀),人口1人当たりのGNI(国民総所得)は540米ドル(2011年,世銀)。


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る