報道発表

アフガニスタンにおける成人の識字能力強化などのための無償資金協力に関する書簡の交換

令和元年10月16日

  1. 1 本16日(現地時間同日),アフガニスタン・イスラム共和国の首都カブールにおいて,髙橋良明在アフガニスタン臨時代理大使とパトリシア・マクフィリップス国連教育科学文化機関(UNESCO)アフガニスタン事務所長(Ms. Patricia McPhillips, Director, UNESCO Afghanistan)との間で,7億7,500万円を供与額とする無償資金協力「ノンフォーマル加速教育プログラム改善・普及計画(UNESCO連携)」に関する交換公文の署名式が行われました。

    2 アフガニスタンにおける15歳以上の識字率は約34.8%と非常に低く,世界最低レベルにあります。アフガニスタン政府にとって持続可能な平和,経済成長及び貧困削減といった目標を達成するうえでも,15歳以上の成人の基礎・識字教育を改善・普及することは喫緊の課題です。

    3 この協力は,アフガニスタン全土において,主に15歳から24歳を対象とした識字・就業教育と教師への教育訓練及び教材作成・配布等を行うことを通じて,健康かつ責任ある市民として必要な知識,技術及び判断力向上を図ることにより,アフガニスタンの持続的・自立的発展に寄与するものです。この協力によって,事業完了後には,全国の識字率が40%に向上することが見込まれます。

    [参考]アフガニスタン・イスラム共和国基礎データ
       アフガニスタンの面積は65.2万平方キロメートル(日本の約1.7倍),人口は約3,717万人(2018年,世界銀行),1人当たりの国民総所得(GNI)は550米ドル(2018年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る