報道発表

パキスタンに対する無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換

令和元年7月25日

  1. 1 本25日(現地時間同日),パキスタン・イスラム共和国の首都イスラマバードおいて,我が方進藤雄介在パキスタン臨時代理大使と先方ヌール・アフメド・パキスタン財務・歳入・経済省経済担当次官(Mr. Noor Ahmed, Secretary to the Government of the Islamic Republic of Pakistan, Ministry of Finance, Revenue and Economic Affairs, Economic affairs Division)との間で,無償資金協力「人材育成奨学計画」(供与限度額3億2,200万円)に関する書簡の交換が行われました。

    2 この計画は,パキスタンの若手行政官等が,我が国で学位(修士又は博士)を取得するために必要な学費等を供与するものです。

    3 この協力により,最大で修士課程18名及び博士課程2名のパキスタンの行政官等が自国の開発や発展に必要な各分野の専門的知識を日本で習得し,帰国後,同国政府の政策立案等に貢献することが期待されます。また,日・パキスタン間の相互理解及び友好関係の強化に加え,国際的な知的ネットワークの強化に寄与する人材の育成につながることが期待されます。

    [参考]パキスタン・イスラム共和国基礎データ
     パキスタン・イスラム共和国は,面積79.6万平方キロメートル(日本の約2倍の大きさ),人口約1.97億人(2017年,世界銀行),1人当たり国民総所得(GNI)は1,580ドル(2017年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る