報道発表

ソロモンの水産業の振興のための支援
(無償資金協力に関する書簡の交換)

令和元年7月19日

  1. 1 本19日(現地時間同日),ソロモン諸島の首都ホニアラにおいて,我が方遠山茂駐ソロモン大使と先方ジャーマイア・マネレ外務貿易大臣(Hon. Jeremiah Manele, Minister of Foreign Affairs and External Trade, Solomon Islands)との間で,ソロモンの水産業の振興のための支援として供与額2億円の無償資金協力「経済社会開発計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 ソロモン諸島は約1,000の島々よりなる島嶼国であり,国内市場が小さく,国際市場から地理的に遠いなど,太平洋島嶼国に共通する開発上の困難を抱えています。さらに,同国では1998年末から2004年にかけて激化した部族対立により治安が悪化しました。同国政府がまとめた国家開発戦略(2011から2020)では,部族対立の要因の一つに地域経済格差があるとして,経済成長による貧困削減と格差是正を目標の一つに掲げています。こうした状況から,都市部への人口集中を緩和し,かつ地域格差を是正するため,地域における水産業を含む小規模産業開発等,経済構造の多角化が同国の喫緊の課題となっています。

    3 この支援は,ソロモン諸島政府に対し,水産関連機材(多目的船,船外機付ボート等)等の供与を行うことにより,同国の主要産業かつ地方産業である水産分野の振興を図り,もって社会の安定化を通じた同国の経済社会開発に寄与することが期待されます。

    4 この支援は,昨年5月18日及び19日に福島県いわき市において開催された第8回太平洋・島サミットにおいて,我が国政府が表明した支援の柱である「強靱かつ持続可能な発展の基盤強化」に資する協力(PDF)別ウィンドウで開くとして実施するものです。

    [参考1]ソロモン諸島基礎データ
     ソロモン諸島は,2万8,900平方キロメートル(岩手県の約2倍),人口約61万人(2017年,世界銀行),1人当たり国民総所得(GNI)は1,920米ドル(2017年,世界銀行)。

    [参考2]第8回太平洋・島サミット

    (1)第8回太平洋・島サミット(PALM8)は2018年5月18日及び19日に福島県いわき市において開催。16の太平洋島嶼国・地域及びオーストラリア・ニュージーランドの首脳級等が出席。ソロモンからはホウエニプウェラ首相が参加した。

    (2)我が国は,PALM8において,(ア)自由で開かれた持続可能な海洋,(イ)強靱かつ持続可能な発展の基盤強化,(ウ)人的交流・往来の活性化の3つを柱として,今後3年間でこれまでの実績も踏まえた,従来同様の,しっかりとした開発協力の実施及び成長と繁栄の基盤である人材の育成・交流の一層の強化を表明した。

     

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る