報道発表

東ティモールに対する無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換

令和元年6月18日

  1. 1 本18日(現地時間同日),東ティモール民主共和国の首都ディリにおいて,我が方南博駐東ティモール大使と,先方ディオニシオ・ダ・コスタ・バボ・ソアレス外務・協力大臣(H.E Dr. Dionisio da Costa Babo Soares, Minister for Foreign Affairs and Cooperation)との間で,総額1億4,900万円を限度とする無償資金協力「人材育成奨学計画」の交換公文の署名が行われました。

    2 東ティモールは,21世紀最初の独立国家として,2002年の独立回復以降,紛争からの復興及び平和の定着に向けた努力を進めてきました。2011年7月には「戦略開発計画」(SDP)を発表し,持続可能な成長及び発展に向けた本格的な国づくりに着手しています。東ティモールの開発目標達成及びASEAN加盟国との対等な経済交流実現に向けた国民活力向上のためには,国民一人ひとりに裨益する社会サービスの普及・拡充が必要であり,国家体制・制度の整備を進めるとともに,各種サービスを提供する人材の育成が急務であります。

    3 同協力により,最大8名の若手行政官が我が国の大学に留学することになります。この協力により育成された人材が,将来東ティモールの各分野で同国の開発課題の解決に貢献することが期待されるとともに,我が国と東ティモールの相互理解や友好関係に加え,人的ネットワークの構築にも寄与することが期待されます。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る