報道発表

フランス・パリのノートルダム大聖堂の火災を受けた
河野外務大臣のお見舞いメッセージの発出

平成31年4月16日

  1.  本16日,現地時間15日に発生したフランス・パリのノートルダム大聖堂の火災を受け,河野太郎外務大臣からジャン=イヴ・ル・ドリアン・フランス共和国欧州・外務大臣(H.E. Mr. Jean-Yves Le Drian, Minister for Europe and Foreign Affairs of the French Republic)に宛てて以下のメッセージを発出しました。

    「親愛なるジャン=イヴへ

     パリのノートルダム大聖堂の火災に大変心を痛めています。日本人にとっても馴染み深いフランスの歴史的な遺産であり,ユネスコの世界遺産でもあるノートルダム大聖堂における今回の被害は,多くの日本人にとっても大きな悲しみです。自分としても支援を惜しまない所存ですので,できることがあれば,何でもお伝えください。

    日本国外務大臣
    河野 太郎」


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る