フランス共和国

フランス・パリのノートルダム大聖堂の火災を受けた
安倍総理大臣のお見舞いメッセージの発出

平成31年4月16日

 本16日,現地時間15日に発生したフランス・パリのノートルダム大聖堂の火災を受け,安倍晋三内閣総理大臣からエマニュエル・マクロン・フランス共和国大統領(H.E. Mr. Emmanuel Macron, President of the French Republic)に宛てて以下のメッセージを発出しました。

「親愛なるエマニュエルへ

 パリの象徴であり,ユネスコの世界遺産として世界中に愛されているノートルダム大聖堂が炎に包まれるのを見て,大変な衝撃を受け,深く心を痛めています。

 ここに,日本国政府及び日本国民を代表して,フランス国民の皆様に心からお見舞い申し上げます。この大いなる喪失に際し,全ての日本国民はフランスと共にあります。

日本国内閣総理大臣
安倍 晋三」


このページのトップへ戻る
フランス共和国へ戻る