報道発表

平成30年度都道府県旅券事務功労者に対する領事局長表彰式の実施

平成31年1月17日

  1. 1 本17日,外務省は旅券事務に功績のあった東京都生活文化局都民生活部旅券課及び松山市パスポートセンターの2団体に対し,平成30年度都道府県旅券事務功労者表彰を行います。

    2 この表彰は,一般旅券不正取得の未然防止及び指名手配犯の逮捕に繋がったことへの貢献によるものです。

    3 垂秀夫外務省領事局長より各受賞団体への功績に謝辞を述べるとともに表彰状の授与を行う予定です。

    [参考]各団体の受賞理由

    • 東京都生活文化局都民生活部旅券課別ウィンドウで開く
       一般旅券発給申請書の「刑罰等関係」欄に「該当なし」と記載しながら,実際は執行猶予付き有罪判決が確定していた申請者の虚偽申請の事実を,電話照会での本人の言動並びに発給履歴照会等により看破し,旅券の不正取得を防止した事案。

    • 松山市パスポートセンター別ウィンドウで開く
       「刑罰等関係」欄に「該当なし」と記載した申請者の言動に不審なものを感じ,愛媛県国際交流課に相談した上,警察へ通報したところ,同申請者は指名手配犯人であったことが判明し,旅券の不正取得を防止するとともに所在不明の指名手配犯人の検挙にも貢献した事案。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る