報道発表

「地域の魅力海外発信支援事業」の開催
(タイトル:日本産米,食卓の至高の一品)

平成31年1月15日

  1. 1 1月17日から31日まで,外務省,在中華人民共和国日本国大使館及び在上海日本国総領事館は,北京及び上海において,日本産米等の日本産飲食品を使用した日本各地の魅力ある料理の普及と消費拡大を目的としたプロモーション事業を実施します。この事業では,実体験を通じて,中国の消費者に日本の地域の魅力をより一層認知してもらい,事業終了後も長期的に現地での需要が喚起されるよう,日本産品の中国での普及・販売に資する取組を行います。

    2 具体的には,以下の内容を予定(平成30年度地域の魅力海外発信支援事業「日本大米,餐桌上的臻品」 実施概要(PDF)別ウィンドウで開く)しています。

    (1)キックオフセレモニー
     1月17日,北京の四季酒店(フォーシーズンズホテル)において,著名なゲストや多くのメディア,インフルエンサー(Key Opinion Leader:KOL)等を対象に,キックオフセレモニーを開催します。日本からは鈴木憲和外務大臣政務官が出席するほか,俳優の松重豊氏や女優の中野良子氏がゲストとして参加を予定しています。

    (2)中核事業(日本料理店等での日本産米実体験)
     1月18日から31日まで,北京市内(8店舗)と上海市内(8店舗)の日本料理店(計16店舗)において,日本産米を使用した日本料理フェアを開催し,日本産米のプロモーションを実施します。期間中には,一部の店舗で,日本の地方自治体と連携した日本産品の展示,試食会,料理教室,インフルエンサー(KOL)の招待も予定しています。

    (3)関係機関・団体や地方自治体との連携事業
     他の関係機関や団体等が推進する様々な日本産米等日本産品のプロモーション活動と連携します。(上記(2)と同時期に開催。)

    [参考]
     本件行事の中国語タイトルは,[日本大米,餐桌上的臻品]であり,『餐桌上的臻品』とは「食卓の至高の一品」の意味。日本産米の持っている高品質,格別の味わい,安心・安全を表現している。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る