報道発表

米国カリフォルニア州における山火事被害を受けた河野外務大臣のお見舞いメッセージの発出

平成30年11月14日

英語版 (English)

  1.  米国カリフォルニア州における山火事により,甚大な被害が発生していることを受け,本14日,河野太郎外務大臣からマイク・ポンペオ米国国務長官(The Honorable Mike Pompeo, Secretary of State of the United States of America)及びジェラルド・ブラウン・カリフォルニア州知事(The Honorable Edmund Gerald Brown Jr., Governor of California State)に対し以下のお見舞いメッセージを発出しました。

    【ポンペオ国務長官宛て】
    「今般,カリフォルニア州の山火事によりもたらされた甚大な被害に関し,米国政府及び国民に対して心からお見舞いを申し上げます。
     この困難な時に,日本は,米国及び米国国民と共にあります。
     犠牲になられた方々の御冥福と被災地の一日も早い復興を心からお祈りいたします。」

    【ブラウン・カリフォルニア州知事宛て】
    「今般,カリフォルニア州の山火事によりもたらされた甚大な被害に関し,カリフォルニア州政府及び州民に対して心からお見舞いを申し上げます。
     この困難な時に,日本は,米国及び米国国民と共にあります。
     犠牲になられた方々の御冥福と被災地の一日も早い復興を心からお祈りいたします。」


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る