報道発表

中根外務副大臣とアベーラ・マルタ外務・貿易振興大臣との会談

平成30年7月31日

  • 中根外務副大臣とアベーラ・マルタ外務・貿易振興大臣との会談1
  • 中根外務副大臣とアベーラ・マルタ外務・貿易振興大臣との会談2
  • 中根外務副大臣とアベーラ・マルタ外務・貿易振興大臣との会談3
  1.  本31日,午前11時から約25分間,中根一幸外務副大臣は,カルメロ・アベーラ・マルタ共和国外務・貿易振興大臣(H.E. Mr. Carmelo Abela, Minister for Foreign Affairs and Trade Promotion of the Republic of Malta)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,中根副大臣から,マルタは日本にとって基本的価値を共有する重要なパートナーであると同時に,両国は共に海洋国家であることから,海洋における法の支配や北朝鮮問題等の課題に関し,引き続き,両国で緊密に連携したい旨述べました。これに対し,アベーラ大臣から,両国関係は良好であり,近年の人的交流の拡大を歓迎するとともに,共に海洋国家として,海洋分野での協力を拡大させたい旨述べました。

    2 両者は,近年,両国間で人的交流が活発化していることを歓迎し,今回ムスカット首相に同行している50名に上るビジネスミッションの訪日を契機に,経済面での更なる関係の発展を期待しました。

    3 両者は,北朝鮮による,全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な,検証可能な,かつ不可逆的な廃棄の実現に向けて,国連安保理決議に基づく措置を維持し,引き続き連携していくことで一致しました。また,中根副大臣から,拉致問題の早期解決への理解と協力を求めました。

    4 また,両者は,南シナ海を含む地域情勢に関しても議論しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る