報道発表

セネガルの水産業振興のための無償資金協力

平成30年3月23日

  1. 1 3月22日(現地時間同日),セネガル共和国の首都ダカール市において,我が方大森茂駐セネガル大使と先方アマドゥ・バ経済・財政・計画大臣(H.E.Mr. Amadou BA, Minister of Economy, Finance and Planning)との間で,13億800万円を供与限度額とする無償資金協力「ンブール県水産物付加価値向上のための改良型水揚場整備計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 この協力は,漁業が盛んなンブール市及びジョアール市の水揚施設を改修し,関連機材を供与するものです。両施設では,年間に合計1万2千トン以上の輸出用水産物が水揚げされていますが,壁の無い簡易的な施設構造や機材不足等により,衛生・品質管理が十分に行われておらず,水産物の品質劣化が問題となっています。この協力により,施設の衛生・品質管理が改善され,同国の輸出総額の約15%を占める水産業において付加価値の高い水産物の安定した輸出が確保される見込みです。

    3 我が国は,第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において,「フード・バリュー・チェーンの構築による生産性・付加価値向上」を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,この協力は同表明を具体化するものです。

    [参考]セネガル共和国基礎データ
     セネガル共和国の面積は約19.7万平方キロメートル(日本の約半分),人口は1,541万人(2016年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は950米ドル(2016年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る