報道発表

日・イラン外相電話会談

平成29年9月5日

  1.  本5日,午後0時45分から約20分間,河野太郎外務大臣は,モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ・イラン・イスラム共和国外務大臣(H.E. Dr. Mohammad Javad ZARIF, Minister of Foreign Affairs of the Islamic Repuclic of Iran)との間で日・イラン外相電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 河野大臣から,ザリーフ外務大臣の再任への祝意と自身の外務大臣への就任の挨拶に続いて,イランとの幅広い分野で関係を更に強化したい旨述べました。また,河野大臣から,イランによる核合意の着実な履行と中東の安定に向けた一層建設的な役割を期待する旨述べました。

    2 これに対し,ザリーフ外務大臣は,日本はイランにとり大切なパートナーであり,河野大臣の下で,中東における日本の役割が強化されることを歓迎する旨述べました。

    3 また,双方は,現下の北朝鮮を巡る情勢に係る懸念を共有し,問題の解決に向け連携していくことを確認しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る