報道発表

ブルキナファソに対する無償資金協力「ワガドゥグ東南部タンソババイパス道路改善計画」に関する書簡の交換

平成29年8月21日

  1. 1 8月18日(現地時間同日),ブルキナファソの首都ワガドゥグ市において,我が方池﨑保駐ブルキナファソ大使と先方アルファ・バリー外務・協力・在外ブルキナファソ人大臣(H.E.Mr. Alpha BARRY, Minister of Foreign Affairs, Cooperation and Burkinabe abroad)との間で,供与限度額58億100万円の無償資金協力「ワガドゥグ東南部タンソババイパス道路改善計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 ワガドゥグは,周辺の沿岸国及び内陸国を繋ぐ物流の結節点としての機能を担っており,大型貨物車両の市中心部への侵入回避を目的とした環状バイパス道路が整備されています。このうち,東南部区間については,最も交通の集中する区間となっているものの,1990年の完成以来,全面的な改修が行われておらず,路面や路肩の損傷等により円滑な交通に支障を来しています。

    3 この協力は,かかる状況を踏まえ,バイパス道路の東南部区間の全面改修及びバイクレーン等の新設を行うことにより,都市交通及び域内物流のネットワークの改善を図り,もって域内経済統合の促進に寄与するものです。

    4 我が国は,2016年8月に開催した第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において,「質の高いインフラ整備」の推進による連結性の強化を推進(PDF)別ウィンドウで開くするため,ブルキナファソを含む西アフリカ地域を総合開発の三重点地域の一つと位置付けているほか,約100億ドルの質の高いインフラ投資を実施することを表明しており,この協力はこれを具体化するものです。

    (参考)ブルキナファソ基礎データ
     ブルキナファソは,面積は27万平方キロメートル(日本の約7/10倍),人口約1,865万人(2016年,世界銀行),一人当たり国民総所得(GNI)は640米ドル(2016年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る