報道発表

日・カタール外相電話会談

平成29年8月10日

英語版 (English)

  1.  本10日午後8時00分から約10分間,河野太郎外務大臣は,ムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アール・サーニー・カタール国外務大臣(H.E. Sheikh Mohammed bin Abdulrahman Al-Thani, Minister of Foreign Affairs of the State of Qatar)との間で電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,ムハンマド外務大臣から河野大臣に対し,大臣就任に対する祝意が示されました。これに対し,河野大臣からは,ムハンマド外務大臣に謝意を表しつつ,エネルギーや経済等の各分野での両国のパートナーシップを重視している旨述べるとともに,日本は中東地域の安定にコミットしていくとの強い姿勢で取り組んでいきたい旨述べました。

    2 これに対し,ムハンマド外務大臣は,カタールにとって日本との二国間関係は最優先であり,両国のパートナーシップを評価している旨述べるとともに,日本との関係は大きな可能性を持っており,河野大臣とともにこれを開花させていきたい旨述べました。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る