報道発表

ガーナに対する無償資金協力
「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換

平成29年8月3日

  1. 1 8月2日(現地時間同日),ガーナ共和国の首都アクラ市において,我が方吉村馨駐ガーナ大使と先方シェリ・アヨコー・ボチュウェイ外務・地域統合大臣(Hon. Shirley Ayorkor Botchwey, Minister of Foreign Affairs and Regional Integration)との間で,1億8,400万円を限度とする無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 この協力は,ガーナの指導者となることが期待される若手行政官等が本邦大学院において学位(修士)を取得することを支援するものです。

    3 ガーナにおいては,各開発課題を取り扱う政府機関や関係省庁の職員・組織・制度・財政等の能力と体制が,取り組むべき課題に比して総じて不足しているという現状があります。この協力により,我が国で学んだ人材が,帰国後に同国の開発課題の解決に取組み,もって人的ネットワーク構築を通じた二国間関係の強化に寄与することが期待されます。

    4 我が国は,2016年8月に開催した第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において,我が国の強みを活かした約1,000万人の人材育成を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,この協力はこれを具体化するものです。

    (参考)ガーナ共和国基礎データ
     ガーナ共和国はアフリカの西部に位置し,国土面積は約23.9万平方キロメートル(日本の約3分の2),人口は約2,741万人(2015年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約1,480米ドル(2015年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る