報道発表

武井外務大臣政務官のパナマ及びホンジュラス訪問(結果)

平成29年8月1日

  1.  7月29日から7月31日まで,武井俊輔外務大臣政務官は,パナマ共和国及びホンジュラス共和国を訪問したところ,概要は以下のとおりです。

    1 パナマ共和国(7月29日)
     武井政務官は,太平洋及び大西洋を結ぶ海運の要衝であるパナマ運河を視察し,運河庁関係者と意見交換を行いました。

    2 ホンジュラス共和国(7月30日から31日まで)
     武井政務官は,ホルヘ・ラモン・エルナンデス・アルセロ総括大臣(H.E.Dr. Jorge Ramón Hernández Alcerro, Secretary of State for General Coordination of the Government)との会談をマリア・デル・カルメン・ナセル外務・国際協力次官(H.E. Mrs. María del Carmen Nasser, Undersecretary of State for Foreign Affairs and International Cooperation)及びホセ・イサイアス・バラオナ・エレラ同次官(H.E. Mr. José Isaias Barahona Herrera, Undersecretary of State for Foreign Affairs and International Cooperation)同席の下行い,経済協力をはじめとする二国間関係,アジア情勢等について意見交換を行い,伝統的に良好な二国間の絆及び国際場裡での協力関係を一層強化していくことを確認しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る