報道発表

薗浦外務副大臣のニカラグア訪問(結果)

平成29年5月6日

  1.  本6日(現地時間5日),薗浦健太郎外務副大臣は,ニカラグアを訪問したところ,概要は以下のとおりです。

    1 オルテガ大統領及びムリージョ副大統領表敬
     薗浦副大臣は,ダニエル・オルテガ・サアベドラ大統領(H.E. Mr. Daniel Ortega Saavedra, President of the Republic of Nicaragua)及びロサリオ・ムリージョ・サンブラーナ副大統領(H.E. Ms. Rosario Murillo Zambrana, Vice-President of the Republic of Nicaragua)を表敬し,経済協力や日本企業の進出をはじめとする二国間関係,北朝鮮の核開発・ミサイル拉致の問題等を含むアジア情勢等について意見交換を行いました。また,表敬に先立ち,オルテガ大統領から,国際協力機構(JICA)に対し,同国におけるこれまでの活動の功績を称え,ルベン・ダリオ文化独立勲章の叙勲が行われました。

    2 モンカダ外務大臣との会談
     薗浦副大臣は,デニス・モンカダ・コリンドレス外務大臣(H.E. Mr. Denis Moncada Colindres, Minister for Foreign Affairs of the Republic of Nicaragua)と会談を行い,伝統的に良好な二国間の絆及び国際場裡での協力関係を一層強化していくことを確認し,モンカダ外務大臣からは,これまでの日本の支援に謝意が表明されました。また,4月29日の北朝鮮によるミサイル発射を含め,アジア情勢についても意見交換を行いました。

    3 ニカラグア日本友好議連との懇談
     薗浦副大臣は,アルトゥーロ・バルデス・ロブレト・ニカラグア日本友好議員連盟会長(H.E. Mr. Arturo Valdez Robleto, President of the Nicaragua-Japan Parliamentary Friendship Association)及びグスタボ・ポラス・コルテス国会議長(H.E. Mr. Gustavo Porras Cortés, Presindent of the National Assembly of the Republic of Nicaragua)をはじめとする友好議連メンバーと懇談し,両国間の議員交流による二国間関係の一層の強化を期待する旨述べました。友好議連メンバーからは,これまでの日本の支援に謝意が表明され,将来の関係強化のために,議連としても尽力する旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る