報道発表

エリトリアに対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

平成29年1月27日

  1. 1 本27日(現地時間同日),エリトリアの首都アスマラ市において,我が方片山芳宏在エリトリア臨時代理大使(ケニアにて兼轄)と先方ギオルギス・テクレミカエル国家開発大臣(H.E. Dr. Giorgis Teklemikael, Minister of National Development)との間で,3億円の無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換が行われました。

    2 エリトリアでは,長らく続く天候不順の影響を受けて慢性的な食糧不足が続いています。同国政府は食糧の増産に努めていますが,エリトリアの農業生産性は未だ低く,国内需給を満たすほどの十分な量を確保できていない状況におかれています。このような状況を緩和するため,我が国は食糧援助の実施を決定しました。

    3 我が国は,第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において,アフリカ諸国の食料安全保障・栄養分野における取組への協力強化を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,本件協力はこれを具体化するものです。

    (参考)エリトリア国基礎データ
     エリトリアは,面積約11.8万平方キロメートル(北海道と九州とを併せた広さとほぼ同じ)を有し,人口は約511万人(世界銀行,2014年),一人当たり国民総所得(GNI)は680米ドル(世界銀行,2014年)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る