報道発表

高村総理特使のイラン・イスラム共和国訪問の取りやめ

平成29年1月9日

  1.  1月10日から12日までの日程で予定されていた,高村正彦自由民主党副総裁(日本・イラン友好議員連盟会長,元外務大臣)の安倍晋三内閣総理大臣の特使としてのイラン・イスラム共和国訪問は,アクバル・ハーシェミ・ラフサンジャニ・イラン公益評議会議長(H.E. Mr. Akbar HASHEMI RAFSANJANI, Head of Expediency Counci of the Islamic Republic of Iran)が逝去され,イランが服喪期間に入ったことを受け,取りやめとなりました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る