報道発表

岸田外務大臣からケネディ駐日米国大使に対する申入れ

平成28年12月14日

  1.  本14日午前10時35分から約15分間,岸田文雄外務大臣は,キャロライン・ケネディ駐日米国大使(Ms. Caroline Kennedy, U.S. Ambassador)と電話会談を行い,12月13日の沖縄県名護市沖におけるMV-22オスプレイの事故に関する申入れを行ったところ,概要は次のとおりです。

    1 岸田大臣から,昨晩発生したMV-22オスプレイの事故について,遺憾の意を表明した上で,事故原因の究明と日本側への情報提供及び再発防止を求めるとともに,安全が確認されるまで,我が国においてMV-22オスプレイを飛行停止とするよう求めました。

    2 これに対し,ケネディ大使から岸田大臣に対し,米国側としては沖縄を含む日本の地域住民の安全が第一の重要事項であると考えており,事故原因を調査中である,速やかに情報提供を行いたい旨述べるとともに,MV-22オスプレイの飛行停止については,米軍と協議した結果一時的に停止することとした,飛行再開は日本政府との間の緊密な調整を行った上で行う旨述べました。

    3 以上のやり取りを踏まえ,双方は,引き続き緊密に意思疎通していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る